【2018年】地域おこし協力隊で自伐型林業の募集があった自治体まとめ




生き方・働き方
スポンサーリンク

いじゅ~もり(@ijumori)です。

 

林業界に突如あらわれた救世主のような自伐型林業。

そして地域活性化のお助け役の地域おこし協力隊。

このふたつが掛け合わされた「地域おこし協力隊×自伐型林業」の募集が少しずつ増えてきています。

このふたつがうまくかみあえば、地方活性化の救世主となれるでしょう。

自伐型林業をおこなってくれる地域おこし協力隊を募集している、もしくは過去に募集をしていた自治体をまとめてみました。

現在募集している自治体もありますので、地域おこし協力隊で自伐型林業をやってみたいという方は情報をチェックしてみてください。

なお、募集要項は掲載時のものを転載しておりますので、内容が変わっている場合があるので、最新の情報をご確認ください。

地域おこし協力隊として自伐型林業の募集のあった自治体

では、実際に募集のあった自治体を紹介していきます。

 

高知県佐川町

自伐のメッカと言われている高知県佐川町。

2018年5月1日現在、12人の隊員が活動しています。

そして現在も若干名ではありますが、新規の募集がされています。

自伐型林業の先進地ともいわれている佐川町。

地域おこし協力隊のホームページやブログもありますので、興味のある方は覗いてみてください。

 

HP >>> 佐川町地域おこし協力隊ホームページ

ブログ >>> 佐川町地域おこし協力隊ブログ

 

岩手県陸前高田市

続いては、岩手県陸前高田市です。

東北の雄です。

現在は4名で活動中です。

陸前高田市は岩手県の中でも温暖な地域で、積もるほど雪は降らないそうです。

そして、「岩手の湘南」と呼ばれているそうです。

夏はサーフィンなどマリンスポーツが楽しめそうですね。

地域おこし協力隊のホームページやインタビュー記事もありますので、興味のある方は覗いてみてください。

 

HP >>> 陸前高田市地域おこし協力隊

インタビュー記事 >>> 東北の「自伐型林業」先進地・陸前高田 三陸の海を育む山の仕事 | ココロココ 地方と都市をつなぐ・つたえる

 

奈良県曽爾村

続いては奈良県曽爾村です。

「そにむら」と読みます。

現在は3名が自伐林業に取り組んでいるようです。

過去には自伐型林業だけでなく、漆に関する協力隊の募集もありました。

漆も特用林産物ですので、自伐型林業の「複業」のひとつにできたらおもしろそうですね。

地域おこし協力隊のフェイスブックページやブログもありますので、興味のある方は覗いてみてください。

 

フェイスブックページ >>> 曽爾村地域おこし協力隊fエイスブックページ

ブログ >>> 曽爾村地域おこし協力隊ブログ

 

島根県津和野町

続いては島根県津和野町です。

高知県佐川町に匹敵する自伐のメッカですね。

「津和野ヤモリーズ」という名前で活動されています。

現役の地域おこし協力隊員が10名、卒業生3名の13名で構成されています。

募集のチラシのデザインがとてもかっこよくて林業の古くてダサいイメージを一新させてくれています。

積雪がかなりある地域のようで、冬の活動場所に制限が出てきそうです。

津和野ヤモリーズは情報発信に積極的で、noteを活用して日々の出来事を発信しています。

しかもみなさん文章がお上手です。

一度覗いてみてください。

 

フェイスブックページ >>> つわの林業係フェイスブックページ

HP >>> 津和野ヤモリーズホームページ

note >>> 津和野ヤモリーズnote

 

滋賀県長浜市

次は滋賀県長浜市です。

2015年から自伐型林業の募集をしているので、取り組みとしてはかなり早くから活動しているようです。

そして2017年9月に地域おこし協力隊3名で「木民」という有限責任事業組合を立ち上げ、伐採依頼や林道整備事業、キノコ栽培を手がけているようです。

今後の活動にも注目ですね。

 

フェイスブックページ >>> 長浜市地域おこし協力隊フェイスブックページ

 

島根県益田市

次は島根県益田市です。

現在は5名が活動中です。

島根県では津和野町でも自伐型林業の募集がありましたが、島根県は自伐型林業をガンガン推し進めている自治体です。

津和野町と同様積雪がかなりあるようなので、冬季期間の活動に制限が出そうですが、あまり作業に支障の出ない地域でも活動できるよう、広い地域をカバーしているようです。

 

HPやブログ、ウェブサイト等ございましたら情報をお寄せくださいませ。

 

滋賀県米原市

次は滋賀県米原市です。

読み方は「まいばらし」です。

滋賀県では長浜市に次いで米原市でも募集があることを考えると、県レベルで自伐型林業を推進していく流れになっていくのでしょうか。

そうなるといいですね。

米原市は豪雪地帯です。

冬の期間、どの程度作業ができるのか気になります。

 

HPやブログ、ウェブサイト等ございましたら情報をお寄せくださいませ。

 

岩手県西和賀町

次は岩手県西和賀町です。

岩手県林業技術センターが実施する「いわて林業アカデミー」で1年間の林業研修をおこなった隊員1名が活動中です。2年次からは、独立を目指した実践活動となるようです。

西和賀町も積雪量が多いようなので、冬季の活動をきちんと計画していく必要がありそうです。

 

フェイスブックページ >>> 西和賀町地域おこし協力隊フェイスブックページ

 

高知県宿毛市

次は高知県宿毛市です。

「すくも」と読みます。

宿毛市は高知県の南西にあたる地域にあり、一年を通して過ごしやすい環境にあります。

そのため、林業も年間を通して活動しやすいのではないでしょうか。

離島もあり、海、山が揃っています。アウトドアやレジャー好きな人にはピッタリの環境でしょう。

自伐型林業の先進自治体である高知県です。

森林率の高さからも高知県での林業はこれからも必要とされるでしょう。

 

フェイスブックページ >>> 宿毛市地域おこし協力隊フェイスブックページ

 

奈良県下北山村

次は奈良県下北山村です。

現在は3名が活動中です。

地域おこし協力隊の報酬体系は月給制が多いのですが、ここ下北山村は日給月給制となっています。

林業は現場の天候に左右されるのでそういった報酬体系となっているのでしょう。

しかし民間の林業事業体でも月給制へ移行していくところが多い中、まして地域おこし協力隊という制度を利用して日給制を導入していることは、都市から地方へ人が流れていくことに対してはいい策とは言えませんね。

ここは変えたほうがいいと思います。

 

HPやブログ、ウェブサイト等ございましたら情報をお寄せくださいませ。

 

埼玉県秩父市

首都圏に近い場所でも自伐型林業の募集が出ました。

秩父なので、首都圏に近いとは言えやはり遠いのですが。

それでも首都圏在住の人が見知らぬ土地に地域おこし協力隊で地方へ行くのには躊躇してしまうと言う話をよく聞くので、秩父あたりであれば心理的なハードルは少し下がるのではないでしょうか。

 

フェイスブックページ >>> 秩父市地域おこし協力隊フェイスブックページ

 

兵庫県養父市

次は兵庫県養父市です。

活動については他地域とは少し違うようです。

自伐型林業ではあるものの、あらかじめ成果を決め、それを達成することが求められるようです。

難しい言葉を使うとKPIを林業に導入するということですね。

林業はチームでおこなうのが基本となるので、林業初心者から経験者がいるチームでどのようにチームを纏められるかがこの取り組みの鍵となりそうです。

楽しみです。

 

HPやブログ、ウェブサイト等ございましたら情報をお寄せくださいませ。

 

まとめ

自伐型林業に取り組んでいる人や地域は確実に増えてきています。

また、林業分野における地域おこし協力隊の募集も今後は増えてくると思います。

そのため、これから林業を始めようという人は地域おこし協力隊の制度を活用を考えてもいいかもしれませんね。

 

その他、自伐型林業についてのまとめページはこちら