Kindle日替わり・月替わりセールはこちらから

え?マネーフォワードME が改悪?

資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

↓良かったら応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

こんにちは、モリ(@ijumori)です。

 

私は毎月の家計簿をマネーフォワードME を利用して管理しています。

 

独身アラフォー男性の家計簿大公開!ミニマルな生活へ近付けたか?【2022年9月】

独身アラフォー男性の家計簿大公開!ミニマルな生活へ近付けたか?【2022年9月】
先日、ミニマルな生活を目指すと決めました。 ミニマルな生活とは「必要以上に物を持ち過ぎないことや本当に必要な物を選んで、ていねいで豊かな暮らし」をすることと私は定義しています。 2022年9月の生活費内訳が確定したので、必要十分...

独身アラフォー男性の生活費は142,306円でした【2022年9月】

独身アラフォー男性の生活費は142,306円でした【2022年9月】
今回は、大好評企画である家計簿大公開記事のスピンオフ企画です。 2022年9月の家計簿を公開いたしました。 私の家計簿では、項目を次のとおりに分類しています。 住宅費 家賃 電気代 ガス代 上下水...

 

先日マネーフォワードME からこんなお知らせが発表されました。

【重要なお知らせ】当社サービス『マネーフォワード ME』は、2022年12月7日(月)より、無料会員の連携上限数を4件に変更することをお知らせします。変更の背景、今後のサービス提供および開発について以下よりご確認いただけます。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

無料会員の金融関連サービスの連携可能数がこれまでの10件から4件になるとのこと。有料のプレミアム会員は無制限のままです。

金融関連サービス
 連携上限数
変更前変更後
無料会員10件まで4件まで
プレミアム会員無制限

私は無料会員なのでもろ影響を受けることになります。

家計管理としてとても優秀なマネーフォワードME ですが、今後有料会員として利用し続けるか、それとも別のサービスを利用していくのか決めなければなりません。

今回はマネーフォワードME の何がどう変わるのか確認してみたいと思います。

モリ
モリ

マネーフォワードME が変わる。改悪?それとも?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マネーフォワードから、マネーフォワードME 無料会員の連携上限数変更のお知らせ発表

マネーフォワードから、マネーフォワードME 無料会員の金融関連サービス連携上限数変更のお知らせが発表されました。

『マネーフォワード ME』無料会員における金融関連サービス連携上限数変更のお知らせ|株式会社マネーフォワード

『マネーフォワード ME』無料会員における金融関連サービス連携上限数変更のお知らせ
株式会社マネーフォワードは、2022年12月7日(水)より、お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』において、無料会員の金融関連サービス連携上限数を変更することをお知らせいたします。■背景当社は、2012年…

 

具体的には、金融関連サービスの連携上限数が10件から4件になります。

金融関連サービス
 連携上限数
変更前変更後
無料会員10件まで4件まで
プレミアム会員無制限

金融関連サービスとは、

  • 銀行口座
  • 証券口座
  • クレジットカード
  • 暗号資産・FX・貴金属
  • 投信
  • 電子マネー・プリペイド
  • ポイント
  • 年金
  • 保険
  • 携帯
  • スーパー
  • 通販
  • サービス

などの金融機関や関連サービスのことを指します。

2022年11月現在、登録可能サービス数は2569件です。

無料会員は2022年12月7日以降、登録可能件数が10件から4件となります。

例えば銀行口座2件、クレジットカード2件の登録をすると、すぐに4件となります。

他にも口座を登録しているのなら、マネーフォワードME の無料会員ではもう管理できないのでプレミアム会員になる必要があります。

連携数が4件以下の場合は無料会員のままでいいと思いますが、5件以上の連携を希望する場合はプレミアム会員登録をするか、別のサービスを探しましょう。

現在5件以上連携している人には、2022年12月7日以降に30日間無料のプレミアムサービスクーポンが提供されます。プレミアムサービスを体験するいい機会となるでしょう。

マネーフォワードME のサービスを振り返り

ではマネーフォワードME のサービスを振り返ってみます。

マネーフォワードME は無料のオンライン家計簿、資産管理ツールです。

Webでもスマホアプリでも使えるクラウド会計ソフトです。

銀行・クレジットカード・証券会社・ポイントなどの情報を一度登録するだけで残高や収支の情報を取り込んで分析をしてくれます。

また、銀行の入出金やクレジットカードの履歴をもとに、食費や光熱費などのカテゴリに自動で分類して家計簿を作成してくれるのが特長です。

マルチデバイスに対応しているので、PCのWebサイトでもスマホのアプリでも利用できますが、細かく見たいときはWebサイトが個人的には使いやすいです。

Web版では、ホームタブを先頭に「家計」「予算」「資産」「口座」「設定」と並んでいます。

その中でも私がよく使うのは家計と資産です。

家計はひと月の収支を一覧表示してくれます。

カレンダー表示で何日に収支がいくらあったのかがわかるものと日付ごとに何にいくら収支があったのかがわかるものです。

 

資産は現在の現預金、株式、投資信託、ポイントを見ることができます。

現金は登録している口座別、株式や投資信託は証券口座を登録しているなら銘柄コード別、ポイントは各種サービス別に表示されます。

株式や投資信託は、細かく表示されます。

銘柄コード銘柄名保有数平均取得単価現在値評価額前日比評価損益評価損益率保有金融機関

エクセルやスプレッドシートで更に細かく分析するときにこのままコピペして使っている人もいるようです。

結局どうすればいいの?

家計簿として、資産管理用としてとても便利なマネーフォワードME 。

無料会員は連携数が4件までとなってしまいます。

モリ
モリ

どうすればいいの?

連携数が4件以下の場合はこれまで通りで問題ありませんが、5件以上の場合は対策をしなければなりません。

対策は3つ。

  1. 連携数を4件以下にする
  2. プレミアム会員になる
  3. 他サービスに乗り換える

この3つです。

連携数を4件以下にする

無料会員では上限が4件となります。

そのため無料のまま利用するために、連携させる口座を4件以下に絞りましょう。

 

プレミアム会員になる

とはいえ、4件って少ないですよね。

5件以上利用している場合は、4件に絞ると家計簿・資産管理機能が著しく低下してしまいます。

そのため、プレミアム会員になって利用を継続しましょう。

プレミアム会員になると無料会員では利用できなかった機能を使えるようになります。もともと無料版でもとても便利で家計管理に役立ちますが、プレミアム会員になるとより便利なツールとなります。

まだマネーフォワードME を使っていない人、無料で利用していて利便性を感じている人はこの機会にプレミアム会員に登録してみてはいかがでしょうか。

 

他サービスに乗り換える

連携数を4つに絞れない、課金したくないという人は別のサービスに乗り換えましょう。

ただしマネーフォワードME は家計簿アプリ最強なので、無料で同等のサービスを望むのは難しいと思います。

候補としては、

  1. おかねのコンパス
  2. Zaim
  3. Moneytree

が挙げられるでしょうか。

【資産管理アプリ】おかねのコンパスとマネーフォワードME の比較

【資産管理アプリ】おかねのコンパスとマネーフォワードME の比較
マネーフォワードME の無料会員サービスの改定がおこなわれます。 ツイッターではかなり失望の声がつぶやかれています。 そしてマネーフォワードME に代わるサービス・アプリ探しもおこなわれているようです。 マネーフォワードME に代わるサービス・アプリとしておかねのコンパス が人気のようです。 そこで今回は、マネーフォワードME とおかねのコンパス を比較してみようと思います。

どれも一長一短がありますので、実際に使ってみて使いやすいサービスを選びましょう。

最後に

マネーフォワードME の無料会員のサービスが改定されるということで、内容を振り返り、代替サービスも探してみました。

私個人としてはマネーフォワードME が最強なのでプレミアム会員となって利用を続けていこうと思っています。

もしおすすめの家計簿・資産管理サービスがあったらぜひ教えてください!

これまでの「資産運用」に関するまとめ記事はこちらから

「世界を物書きで!」における「資産運用」に関するまとめ記事はこちらにまとめています。ぜひ読んでいってください。

 

▼「世界を物書きで!」における「資産運用」に関するまとめ記事

世界を物書きで!における「資産運用」に関するまとめ記事
2020年11月から資産運用を始めました。現在は、つみたてNISA、投信積立、上場投資信託(ETF)、そして個別株への投資をおこなっております。資産運用に関する記事をまとめた記事です。

 

投資初心者にはこの本がおすすめです。

 

※当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

 

↓良かったら応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

モリ(@ijumori)でした。

タイトルとURLをコピーしました