Kindle日替わり・月替わりセールはこちらから

【歓喜】国内株式取引の売買手数料無料化へ!【SBI証券】

資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

↓良かったら応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

こんにちは、モリ(@ijumori)です。

 

 

インターネット金融大手SBIホールディングス(HD)の北尾吉孝会長兼社長は14日、東京都内で開いた決算説明会で、国内株式のオンライン売買手数料について「来年度上半期に無料化を図る」との方針を示した。
引用:株手数料無料化へ 来年度上期に SBI社長(時事通信) – Yahoo!ニュース

SBIホールディングスの北尾社長は、2024年3月期の上半期(2023年4月から9月)から国内株式のオンライン売買手数料を無料化にすると発表しました。

ネット証券会社では、一定の条件で株式の売買手数料が無料となることがありますが、完全に無料となるのは初めてのことではないでしょうか。

モリ
モリ

国内株式の売買代金手数料が無料になるなんて、うれしいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

現在のSBI証券の売買手数料はこちら

現在のSBI証券 の国内株式の売買手数料を見てみます。

現行では、大きくスタンダードプラン(SP)とアクティブプラン(AP)の2つがあります。

約定代金現物SP信用SP現物AP信用AP
5万円まで55 円99 円0 円0 円
10万円まで99 円
20万円まで115 円148 円
50万円まで275 円198 円
50万円超385 円
100万円まで535 円
150万円まで640 円
200万円まで1,013 円1,238円880 円
以降100万円
増加ごとに
+440 円
3,000万円
まで
1,691円
以降100万円
増加ごとに
+295円
3,000万円超1,070 円

アクティブプランだと1日200万円までの売買手数料は無料です。

1日の約定代金が200万円以下の人はアクティブプランに設定すると手数料が無料で済みます。

1日の約定代金が200万円以上の場合はスタンダードプランのほうがお得です。

SBI証券の国内株式の売買代金手数料が無料へ

SBIホールディングスの北尾社長は、2024年3月期の上半期(2023年4月から9月)から国内株式のオンライン売買手数料を無料化にすると発表しました。

余計な手数料を払いたくないという人が多いと思うので、スタンダードプラン、アクティブプランを使い分けている人も多いと思います。

ですが来年4月から9月あたりに手数料が無料となるので、これまで以上にSBI証券での取引が増えるのではないかと考えられます。

ではなぜSBI証券 は国内株式の売買手数料を無料にできるのかというと、無料化により株式以外の商品の取引(外国為替や信用取引など)の増加やグループ全体の顧客層拡大が見込めると判断をしてのことだといいます。

これから株式投資をしてみようかなという人がいたら、まずはSBI証券 の証券口座を開設してみてはいかがでしょうか。

これまでの「資産運用」に関するまとめ記事はこちらから

「世界を物書きで!」における「資産運用」に関するまとめ記事はこちらにまとめています。ぜひ読んでいってください。

 

▼「世界を物書きで!」における「資産運用」に関するまとめ記事

世界を物書きで!における「資産運用」に関するまとめ記事
2020年11月から資産運用を始めました。現在は、つみたてNISA、投信積立、上場投資信託(ETF)、そして個別株への投資をおこなっております。資産運用に関する記事をまとめた記事です。

 

投資初心者にはこの本がおすすめです。

 

※当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

 

↓良かったら応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

モリ(@ijumori)でした。

タイトルとURLをコピーしました