Kindle日替わり・月替わりセールはこちらから

ハピネット (7552)の2022年3月期 第3四半期決算短信を読み解く

資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、モリ(@ijumori)です。

 

保有株であるハピネット (7552)の第3四半期決算が2月9日に発表されました。

【事業内容】

業界最大手のエンタテインメント商材商社、バンダイナムコグループ。玩具を中心にエンタテインメント商材をメーカーと小売り業者・ネット通販会社に繋ぐ中間流通業務サービスを営む

【取扱い商品】

玩具(男児向け玩具、女児向け玩具、電子玩具、トレーディングカード、カプセル玩具、雑貨類、オリジナル商材、キャラクター関連商品)映像・音楽(DVD・CD、映像卸売、映像メーカー、音楽ソフト卸売、自社作品製作/映画・テレビアニメ作品)

7552 ハピネット – IFIS株予報 – 事業内容、取扱い商品、銘柄診断カルテより引用

ハピネット (7552)の決算情報を分析してみようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハピネット (7552)の財務分析をしてみた

今回は、ハピネット (7552)の財務分析をします。

IRライブラリ|株主・投資家の皆さまへ|ハピネット
株式会社ハピネットの「IRライブラリ」のページです。

 

2022年3月期 第3四半期 連結経営成績

決算期売上高営業益経常益当期純利益修正1株益発表日
2019/03 3Q191,2624,8804,3833,038136.2419/02/12
2020/03 3Q181,5903,0252,9741,71076.4120/02/12
2021/03 3Q200,9274,2904,3542,591118.221/05/14
2022/03 3Q220,4885,2935,5192,751145.422/02/09
前年同期比+9.7+23.4+26.7+23.5+28.4

今期売上は2,204億8,800万円で、前年同期比9.7%の増収

経常利益は27億5,100万円で、前年同期比26.7%の増益

売上:増加 経常利益:増加

増収・経常利益率 10%未満 低成長株

 

2022年3月期 第3四半期 財政状態

 総資産純資産自己資本比率
19.04-1293,85539,28441.2
20.04-1298,82641,31141.0
21.04-12109,07143,14638.9
前年同期比+10.4+4.4

自己資本比率30%以上

自己資本比率が10%未満の低下

純資産が増えている

 

2022年3月期 第3四半期 業績進捗率

決算期売上進捗率利益進捗率発表日
2022/03104.7106.821/02/09

第3四半期の進捗率の計算レート:1.33倍

売上・利益の進捗率がともに会社予想より上

 

2022年3月期 第3四半期 今期予想

決算期区分発表日売上高営業益経常益当期益
2022/03 本会社予想2022/02/09280,0005,0005,0003,200
2022/03 本従来予想2021/11/11266,0004,5004,5002,700
2022/03 本コンセンサス274,3855,0085,0083,255
基準日中間配当期末合計
前回予想25円50円
今回修正予想35円60円
当期実績25円
2021年3月期25円25円50円

修正の有無:有(上方修正)

 

2022年3月期 四半期ごとの売上・経常利益

決算期売上高営業益経常益四半期純利益発表日
20.01-0351,757-453-561-48620/05/13
20.04-0650,49945048328520/08/12
20.07-0960,8411,4981,54097520/11/12
20.10-1289,5872,3422,3311,49121/02/09
21.01-0358,386-41-33-16021/05/14
21.04-0659,2821,1811,33684121/08/10
21.07-0965,9071,4191,42786621/11/11
21.10-1295,2992,6932,7561,82522/02/09

ハピネットは、玩具、映像音楽、ビデオゲーム、アミューズメントの4分野すべてにおいてトップクラスのシェアを誇るエンタテインメント総合商社です。

四半期ごとの特性はありそうですね。第3四半期の売上高が高いのはクリスマスシーズンの特需が影響しているのでしょうか。

 

2022年3月期 第3四半期に関する定性的情報

  • 玩具事業
    • 低年齢層向けの一般玩具は苦戦
    • BANDAI SPIRITSの「一番くじ」関連商品や「ポケモンカードゲーム」を始めとしたトレーディングカードなど、コンビニエンスストア向け商品が好調に推移
  • 映像音楽事業
    • 「アニメ『うまよん』Blu-ray BOX」を始めとした社独占流通作品のパッケージが好調に推移
    • 出資映像作品の投資損失が発生
  • ビデオゲーム事業
    • 「Nintendo Switch」「PlayStation5」のハードが依然需要が高い状況が続いていることに加え、「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」などのヒット商品もあったことにより、売上高、利益面ともに前年同期を上回る
  • アミューズメント事業
    • 運営のカプセル玩具ショップ「ガシャココ」の出店拡大に伴う初期費用を計上したものの、カプセル玩具の販売が好調に推移
    • カードゲーム商品の売上が回復
    • 「ガシャココ」は2021年12月末日時点で33店舗を出店

 

2022年3月期 第3四半期の業績予想と株価予想

1年間の日足チャートです。

TradingViewより画像引用

2022年3月期 第3四半期決算発表の翌営業日(2/10)に株価1,565円をつけました。前日比+18円。

2月に入り第3四半期決算に向けて右肩上がりで来ているので織り込み済みではあるのかもしれませんが、増配の発表があったので権利確定日まではヨコヨコながらも上がっていくものと思われます。

年初来高値は2021年2月09につけた1,692円です。まずは年初来高値の更新を目指していくものと思われます。

次は過去5年間の月足チャートです。

年初来高値を更新できたら次は3年前の2,000円を目指したいですね。

業績予想  株価予想

 

過去5年の決算短信で見る売上・利益の推移

2022年3月期 第3四半期 売上高9.7%増 経常利益26.7%増

 売上高営業益経常益最終利益
22.04-12220,4885,2935,5193,532
21.04-12200,9274,2904,3542,751
前年同期比9.723.426.728.4

 

2021年3月期 第3四半期 売上高10.6%増 経常利益46.4%減

 売上高営業益経常益当期純利益
21.04-12200,9274,2904,3542,751
20.04-12181,5903,0252,9741,710
前年同期比10.641.846.460.8

 

2020年3月期 第3四半期 売上高5.1%減 経常利益37.9%減

 売上高営業益経常益当期期純利益
20.04-12181,5903,0252,9741,710
19.04-12191,2624,8804,7863,038
前年同期比-5.1-38.0-37.9-43.7

 

2019年3月期 第3四半期 売上高5.4%増 経常利益1.4%減

 売上高営業益経常益当期純利益
19.04-12191,2624,8804,7863,038
18.04-12153,6824,6944,5403,793
前年同期比24.54.05.4-19.9

 

2018年3月期 第3四半期 売上高14.8%増 経常利益46.9%増

 売上高営業益経常益当期純利益
18.04-12153,6824,6944,5403,793
17.04-12133,9023,2703,0901,793
前年同期比14.843.546.9111.6

 

2022年3月期 第3四半期のバランスシート(BS)チャート

はっしゃんのバランスシート[BS]チャートより

<7552>ハピネット評価:
○ 自己資本比率39.6%
○ 流動比率149.9%
× 当座比率27.2%
◎ 固定長期適合率36.4%
◎ 固定比率40.5%
※当座資産は流動資産のうち現金、預金、受取手形、売掛金、有価証券など即金性の高い科目の合計です

 自己資本比率 普通 20-50%

 流動比率 普通 100-200%

× 当座比率 NG 50%未満

固定長期適合率 優良 80%以下

固定比率 優良 100%以下

 

2022年3月期 第3四半期の損益計算書(PL)チャート

はっしゃんの損益計算書[PL]チャートより

<7552>ハピネット評価:
売上総利益率 10.4%
営業利益率 2.4%
経常利益率 2.5%
純利益率 1.6%
実効税率 35.2%

 

2022年2月10日時点 株価診断チャート

はっしゃんの株価診断チャートより

<7552>ハピネットの評価:
PBR 0.8 倍
PER 10.8 倍
△ ROA 2.9%
△ ROE 7.6%
株価診断 [やや割安]
△ 持続的成長性に改善余地があります

 

2022年2月10日時点 理論株価

財務指標 
PBR0.8倍
PER10.8倍
ROA2.9%
ROE7.6%
株価1,565
資産価値1,191
事業価値848
理論株価2,039
上昇余地+30.3%

はっしゃんの理論株価より

 

まとめ

ハピネット (7552)の財務分析をしてみました。

参考にしたのは、はっしゃんさんの書籍とブログです。

上方修正ありの好決算でしたね。

期末配当の増配も発表されたので、株価にも好影響がありそうです。

ただし過去の株価の推移を見てみると良くて1,800円程度かなと見て取れます。勢いよく理論株価の2,000円あたりまで上がってくれるとうれしいのですが、どうでしょうか。

配当をもらうまでホールドするか、高値圏で売り抜けるか、それとも持ち続けるか。成長率が高くないので悩ましいところです。

今後も少し分析を続けていきます。

 

これまでの「資産運用」に関するまとめ記事はこちらから

「世界を物書きで!」における「資産運用」に関するまとめ記事はこちらにまとめています。ぜひ読んでいってください。

 

▼「世界を物書きで!」における「資産運用」に関するまとめ記事

世界を物書きで!における「資産運用」に関するまとめ記事
2020年11月から資産運用を始めました。現在は、つみたてNISA、投信積立、上場投資信託(ETF)、そして個別株への投資をおこなっております。資産運用に関する記事をまとめた記事です。

 

投資初心者にはこの本がおすすめです。

 

※当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

モリ(@ijumori)でした。

タイトルとURLをコピーしました