Kindle日替わり・月替わりセールはこちらから

ケアネット(2150)の2022年12月期 第1四半期決算短信を読み解く

資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

↓良かったら応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

こんにちは、モリ(@ijumori)です。

 

保有株であるケアネット(2150)の2022年12月 第1四半期決算が2022年5月12日に発表されました。

【事業内容】
医師・製薬企業向け医療情報サービス会社。医薬DX事業(MR向け医薬営業支援サービス)、メディカルプラットフォーム事業(医師・医療従事者向け医療コンテンツサービス)を展開。

【取扱い商品】
医師・医療従事者向け情報「CareNet.com」(薬剤情報、医学ニュース、ケアネット白書、論文の解説記事、高速論文検索)医薬情報動画サービス「MRPlus」、論文検索「PubMedCLOUD」、専門ニュース「Doctors Picks」

2150 ケアネット – IFIS株予報 – 事業内容、取扱い商品、銘柄診断カルテより引用

決算情報を分析してみようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ケアネット(2150)の財務分析をしてみた

今回は、ケアネット(2150)の財務分析をしてみます。

決算短信 | 株式会社ケアネット

 

2022年12月期 第1四半期 連結経営成績

決算期売上高営業益経常益最終益修正1株益発表日
20.01-0382118918740.120/04/27
21.01-032,05884986058714.121/05/13
22.01-032,22283883955812.622/05/12
前年同期比+8.0-1.3-2.4-4.9-10.8 

今期売上は22億2,200万円で、前年同期比8.0%の増収。

経常利益は8億3,900万円で、前年同期比2.4%の経常減益。経常利益率は37.75%。

△ 売上:増加 経常利益:減少

増収・経常利益率 30%以上 超高成長株

 

2022年12月期 第1四半期 連結財政状態

 総資産純資産自己資本比率
2019.123,0792,15069.8
2020.125,3193,07357.8
2021.1210,7428,12175.6
22.01-0310,0658,33382.8

総資産は前年同期比減少、純資産は前年同期比増加。

純資産が増えている

自己資本比率50%以上

自己資本比率が10%未満の低下または上昇

 

2022年12月期 第1四半期 今期予想

決算期区分発表日売上高営業利益最終益
2022/03 Q1会社予想2022/05/122,222838558
2022/03 Q1コンセンサス2022/05/112,200850602

修正の有無:無

 

2022年12月期 第1四半期 対通期進捗率

決算期売上進捗率利益進捗率発表日
22.01-0398.7128.422/05/12

売上・利益の進捗率のいずれかが会社予想より下

 

2022年12月期 四半期ごとの売上・経常利益

決算期売上高経常益発表日
21.01-032,05886021/05/13
21.04-061,75953921/08/12
21.07-091,81863221/11/11
21.10-122,36952522/02/10
22.01-032,22283922/05/12

 

2022年12月期 第1四半期に関する定性的情報

  • 主要顧客が属する製薬業界においては、大型薬剤の特許切れや薬価制度の変更、ジェネリック医薬品の使用促進などに直面し、製薬企業の営業環境は、依然として厳しい状況が続いている
  • 製薬企業は、新薬の研究開発や営業・適正普及活動において、さらなる生産性向上を求めている
  • 上市される新薬の中心が、スペシャリティ医薬品になるなかで、製薬企業はスペシャリティ医薬品に合った新たな適正普及支援を必要としている
  • 長期化する新型コロナウイルス感染症対策として、引き続きリモートワークの実施、顧客との商談、セミナー等についてもオンラインで実施
  • 製薬企業はMRの医療機関への訪問自粛が続いている背景から、引き続き医薬DX事業の各既存サービスに対するニーズの高まりが続いており、受注が増加

 

2022年12月期 第1四半期の業績予想と株価予想

1年間の日足チャートです。

TradingView より画像引用

2022年12月期 第1四半期決算発表の翌営業日(5/13)に株価845円をつけました。翌週以降はどうなるでしょうか。

次は過去5年間の週足チャートです。

TradingView より画像引用

2021年6月頃が株価のピークとなっており、その後は右肩下がりです。

今回の決算内容が良かったため、今後の株価上昇を期待します。

 

過去5年の決算短信で見る売上・利益の推移

2022年12月期 第1四半期 売上8%増 経常利益2.4%減

 売上高営業利益経常利益当期純利益
2021年3月期2,222838839558
2020年3月期2,058849860587
前年同期比+8.0-1.3-2.4-4.9

 

2021年12月期 売上50.9%増 経常利益69.7%増

 売上高営業利益経常利益当期純利益
2021年12月期8,0042,5322,5561,609
2020年12月期5,3041,5101,506815
前年同期比50.967.769.797.3

 

2020年12月期 売上62.3%増 経常利益153.9%増

 売上高営業利益経常利益当期純利益
2020年12月期5,3041,5101,506815
2019年12月期3,268605593448
前年同期比62.3149.3153.982.0

 

2019年12月期 売上12.6%増 経常利益36.0%増

 売上高営業利益経常利益当期純利益
2019年12月期3,268605593448
2018年12月期2,902469436263
前年同期比12.629.136.070.0

 

2018年12月期 売上1.7%増 経常利益6.9%増

 売上高営業利益経常利益当期純利益
2018年12月期2,902469436263
2017年12月期2,854407408464
前年同期比1.715.16.9-43.3

 

2022年12月期 第1四半期のバランスシート(BS)チャート

はっしゃんのバランスシート[BS]チャート より画像引用

<2150>ケアネット評価:
◎ 自己資本比率83%
◎ 流動比率557.8%
◎ 当座比率540.1%
◎ 固定長期適合率12.5%
◎ 固定比率12.7%
※当座資産は流動資産のうち現金、預金、受取手形、売掛金、有価証券など即金性の高い科目の合計です

自己資本比率 優良 50%以上

流動比率 優良 200%以上

当座比率 優良 150%以上

固定長期適合率 優良 80%以下

固定比率 優良 100%以下

 

2022年12月期 第1四半期の損益計算書(PL)チャート

はっしゃんの損益計算書[PL]チャート より画像引用

<2150>ケアネット評価:
売上総利益率 68%
営業利益率 37.7%
経常利益率 37.7%
純利益率 25.4%
実効税率 32.8%

 

2022年5月13日時点 株価診断チャート

はっしゃんの株価診断チャート より画像引用

<2150>ケアネットの評価:
PBR 4.5 倍
PER 20.6 倍
◎ ROA 18.1%
◎ ROE 21.8%
株価診断 [やや割安]
◎ 持続的成長性に極めて優れています

  • ROEが高いほど成長力が高い
  • 成長期:ROEが上昇
  • 安定期:ROEが横ばい
  • 減速期:ROEが低下

 

2022年5月13日時点 理論株価

財務指標 
PBR4.5倍
PER20.6倍
ROA18.1%
ROE21.8%
株価845
資産価値151
事業価値1,112
理論株価1,263
上昇余地+49.5%

はっしゃんの理論株価 より画像引用

 

その他

営業利益率
13%以上か
37.7%OK
ROE
12%以上か
21.8%OK
配当性向
50%以下か
47.6%NG
増収率
10%以上か
8%NG
EPS
10%以上増えているか
-12%NG
自己資本比率
30%以上か
82.8%OK
固定負債割合
25%以下か
11.2%OK

 

まとめ

ケアネット(2150)の財務分析をしてみました。

参考にしたのは、はっしゃんさんの書籍とブログです。

好決算でしたね。売上、営業利益とも通期計画に対し順調に推移しています。

営業利益は対前年比でマイナスとなっていますが、新規事業開発投資及び人材補強のため販管費増が原因です。ですがこれはマイナス要因とはならないでしょう。積極的投資と捉えた方がいいです。

今後はいつ理論株価の1,263円に届くのか注視したいと思います。

これまでの「資産運用」に関するまとめ記事はこちらから

「世界を物書きで!」における「資産運用」に関するまとめ記事はこちらにまとめています。ぜひ読んでいってください。

 

▼「世界を物書きで!」における「資産運用」に関するまとめ記事

世界を物書きで!における「資産運用」に関するまとめ記事
2020年11月から資産運用を始めました。現在は、つみたてNISA、投信積立、上場投資信託(ETF)、そして個別株への投資をおこなっております。資産運用に関する記事をまとめた記事です。

 

投資初心者にはこの本がおすすめです。

 

※当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

モリ(@ijumori)でした。

タイトルとURLをコピーしました