地域おこし協力隊の募集でよく目にするジオパークとは。調べてみたらブラック臭がプンプンしてた。

みなさん、こんにちは。

ブロガーのijumori(@ijumori)です。

 

最近よく目にするジオパーク。

これはなんだと思い、調べてみました。

調べ進めてみると、これは、、、残念な感じがしたので今回はそのお話をしたいと思います。

 

ジオパークとは

では、そもそもジオパークとは何なのでしょうか。

ジオパークとは、貴重な「地質の宝もの」やその地域の自然・文化をまもり、かつ多くの人に知ってもらう・訪れてもらうことを目的としています。

 

「ジオ(Geo)」は地球や大地、「パーク(Park)」は公園という意味です。貴重な「地質の宝もの」やその地域の自然・文化をまもり、かつ多くの人に知ってもらう・訪れてもらうことを目的としています。

ジオパークとは | ジオパークとは | 糸魚川ユネスコ世界ジオパークより引用

 

崇高な理念はあるようですが、要は、地域にある自然を資源として、環境を守りながら観光地化しようというものです。

 

 

日本のジオパークとは

では、そんなジオパークという場所は日本にどれくらいあるのでしょうか。

日本ジオパーク委員会が認定した「日本ジオパーク」は43地域あります(2016年9月現在)。

そして、ユネスコ世界ジオパークは日本に8地域あります。

うん?どういうことでしょう?

ユネスコの定める基準に基づいて認定された高品質のジオパークのことを世界ジオパークといい、日本ジオパーク委員会が認定したジオパークを日本ジオパークというのだそうです。

日本では地元を売りだすためにゆるキャラグランプリやB級グルメが各地でしのぎを削っているくらい独特な文化を持っていますので、おそらくこれから全国各地の自治体がなんにもないただの山や海を日本ジオパークに登録申請し、承認されていくことでしょう。

 

ジオパークで働くってどういうこと?

そんなジオパークでは求人募集がされています。

たとえば、「室戸ジオパーク推進協議会のジオパーク専門員の公募」を見てみると、

【募集職種】

専門職(地質専門員)

 

【採用期間】

平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 32 年 3 月 31 日(雇用期間の更新あり)

※着任時期については、採用日以降のできるだけ早い時期で相談

※なお、6 カ月の条件付採用期間を経て、正式採用となります。この 6 カ月の間に適格でないと判断された場合は正式採用とならない場合があります。

 

【採用予定人数】

1名

 

【職務内容】

1. 室戸ジオパーク推進協議会が実施する事業(室戸ジオパーク遺産の保護と活用、室戸ジオパークの普及と教育活動、ジオパークを活用した社会経済活動、地域住民との連携・コーディネート等)

2. 拠点施設の管理・運営(展示物の作成、展示および普及活動の企画・立案、資料の整理・管理等)

3. 日本ジオパークネットワークおよび世界ジオパークネットワークへの貢献

4. 地質学および地質学と関連した学問のアウトリーチと教育活動

5. 国内外の研究者と連携した学術研究とその成果の公表

 

【応募資格】

・四年制大学の学部又は大学院において地球科学(地質学など)を専攻又は研究した者で,大学院修士課程修了以上の学歴を有する者,又はこれと同等以上の学力を有すると認められる者。

ただし、博士の学位の取得者や博物館等での勤務およびボランティア経験がある方が望ましい。

・PC スキル必須(Microsoft Office, Adobe illustrator)

 

【給 与】

月額 248,000 円(平成 29 年度)

 

【諸手当】

通勤手当(月額 20,900 円まで)、時間外勤務手当、住居手当(月額 20,000 円まで)

 

【賞 与】

年2回(6 月・12 月 各1ヶ月)

 

【勤務時間】

8 時 30 分~21 時 00 分の間で 1 日 7 時間 45 分

 

【休日休暇】

週休2日、国民の祝日・年末年始

 

【勤務地】

室戸ジオパーク推進協議会事務局(室戸市観光ジオパーク推進課内)

 

H29室戸ジオパーク推進協議会事務局職員募集要項(地質専門員)より引用

 

となっています。これを見る限りでは、地質に詳しい人がジオパークに指定されたところをどうやって活用していくのか考え、そして、コーディネーターとして観光客を案内をし、学芸員のように施設の管理をするということでしょうか。

この室戸ジオパークでは、高い専門知識を持った人が3年間、月額248,000円で働いてくれることを望んでいるようです。

なるほど。

 

同じ室戸市で地域おこし協力隊としてジオパーク活動をしてくれる人を募集しています

室戸市地域おこし協力隊の募集要項を見てみると、

【募集職種】

ジオパーク活動支援

 

【採用期間】

期間は採用の月から1年間とします。更新があり、最長期間は3年間としますが、協力隊員としてふさわしくないと判断した場合は、雇用期間中であっても委嘱を取り消すことができるものとします。

 

【採用予定人数】

1名

 

【職務内容】

1.室戸ユネスコ世界ジオパークの地域資源を活用した体験プログラムやジオツアー等の企画開発及び実施

2.教育旅行の誘致及び受入(コーディネート)業務

3.室戸世界ジオパークセンターにおけるガイド活動

4.その他、ジオパーク活動の推進に関すること

 

【給 与】

月額166,000円

 

【諸手当】

通勤費相当額の支給あり(自家用車の場合、通勤距離により定額)、住宅について、家賃を20,000円まで市が負担

 

【賞 与】

賞与、時間外手当、退職手当等はありません。

 

【勤務時間】

・勤務日数:原則 週4日間

・勤務時間:原則 週29時間 8時30分から17時15分(1日7時間45分)が基本の勤務時間です。

※夜間、土日等の勤務は、週勤務時間内で振替対応となります。

 

【勤務地】

室戸市役所 観光ジオパーク推進課

★2名募集中★「ジオパーク」と「深層水」の室戸市が地域おこし協力隊員を募集します!!★現在4名の隊員が活躍中★より引用

 

なるほど。

週4日勤務だから166,000円なのか、地域おこし協力隊の報酬が年200万円だから166,000円なのか。

どちらにしても安いですね。

 

与えるものと与えられるものの差が大きい

ジオパークで働くことに対して求められることは専門的なことになってきます。

専門知識が必要な人を有期契約で雇いたい、さらにいうと地域おこし協力隊のような安い報酬で雇いたいというのは、いかがなもんでしょう。

ツイッターでもこんな意見が。

 

 

ぼくはジオパークを批判しているのではありません。

全国各地にはまだ知られていない素晴らしい場所が眠っているでしょうし、後世に残していく必要もあります。

そのためにはジオパークとして活用し、守っていくためには人が必要です。

その活動は永続的に行われるものなので、今回取り上げたような有期契約というのはいかがなものかと思っているわけであります。

 

地域おこし協力隊は安く雇える駒ではない

さらにいうと、地域おこし協力隊には、その名の通り、「地域」を「おこす」ことを求められます。

国の規定により、報酬額は年200万円と決められているので月16万6000円の報酬の募集がほとんどです。

さらに最長で3年間の有期契約です。

しかし、最近の募集の中には、高度なスキルを必要とする求人が多く見られます。しかも辺鄙な土地で。

ぼくは地域おこし協力隊になろうと思ってずっと情報を探しているのですが、そういうところに限ってず~っと募集しています。応募が集まらないのでしょう。

また、募集が終わっているものをネットやSNSなどで活動状況を確認しようにも情報がまったく出てきません。

おそらくそんなところには誰も応募しないので募集自体を取りやめたということなんでしょう。

地域おこし協力隊は安く雇える駒ではないということを募集する側も応募する側も認識する必要があります。

 

まとめ

最後の方はジオパークから話がそれてしまいましたが、ジオパーク活動自体はとても素晴らしいことでどんどんすすめるべきだと思います。

そのために地域おこし協力隊を活用しようとするのなら、報酬含め何か対策が必要になってきそうですね。

自治体との雇用関係をなくし、ジオパーク推進協会のような団体所属にしてそこから別途報酬がもらえるというような給与体系にするとか。

いずれにしろ、人が集まらない理由ははっきりしているので、すぐにでも対応した方がいいですよね。

 

 

こんな記事も読まれています

■ 【初心者向け】エックスサーバーへ移転ができたので、やったことをまとめてみる【完全版】

■ ニートやフリーターは急げ!無料でプログラミングを学習できて就職のお世話までしてくれるサービスがあるぞ!

■ 映画「君の名は。」の音楽制作を担当した「深澤恵梨香(Fukasawa Erika)」についてまとめてみた

■ ブログランキング にほんブログ村