Kindle日替わり・月替わりセールはこちらから

独身アラフォー男性の生活費は162,517円でした【2022年11月】

資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

↓良かったら応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

こんにちは、モリ(@ijumori)です。

 

今回は、大好評企画である家計簿大公開記事のスピンオフ企画です。

2022年11月の家計簿を公開いたしました。

独身アラフォー男性の家計簿大公開!ミニマルな生活へ近付けたか?【2022年11月】
先日、ミニマルな生活を目指すと決めました。 ミニマルな生活とは「必要以上に物を持ち過ぎないことや本当に必要な物を選んで、ていねいで豊かな暮らし」をすることと私は定義しています。 2022年11月の生活費内訳が確定したので、必要十...

 

私の家計簿では、項目を次のとおりに分類しています。

  1. 住宅費
    • 家賃
    • 電気代
    • ガス代
    • 上下水道代
    • 通信費
    • 所得税・住民税
    • ふるさと納税
    • その他年払いコスト
  2.  食費
    • 食費(コンビニ)
    • 食費(スーパー)
    • 食費(ネット)
    • 外食
  3. 日用品費
    • 日用品
    • サプリメント
    • 衣料品
    • 書籍
    • 美容院
    • クリーニング
    • 娯楽費
    • くじ
  4. 交通費
    • 定期代
    • 電車
    • バス
  5. 健康・医療費
    • 医療費
    • フィットネス

以上です。

マネーフォワードME で家計管理をしていますが、一度設定するとその後は自動で分類してくれるので、あとから振り返るときにとても楽になります。

では、私の生活費を各項目ごとに見ていきます。

ご覧になった方はご自身の生活費と比較してみてください。

ここ削れるよとかアドバイスなどがあったらぜひお知らせください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一人暮らしアラフォー男性の生活費を丸見え!

さて各項目について赤裸々に公開します。

公開することによって自分の振り返りにもなりますし、人の家計簿とか生活費って結構気になりますよね。

人の好奇心に応えるためにも積極的に公開しようと思います。

1.住宅費:75,324円(住宅費予算:75,000円)

まずは住宅費です。2022年11月の合計額は75,324円でした。

  • 家賃:45,000円
  • ガス代:1,632円
  • 上下水道代:0円
  • 通信費:18,696円(電気代含む)
  • ふるさと納税:9,996円

 

2022年の住宅費をまとめてみます。

2022年住宅費
1月69,215円
2月75,804円
3月67,711円
4月85,573円
5月96,559円
6月184,395円
7月53,052円
8月62,843円
9月63,525円
10月71,048円
11月75,324円
12月72,911円
平均額81,497円

 

住宅費予算:75,000円

 

2.食費:44,024円(食費予算:35,000円)

次は食費です。2022年11月の合計額は44,024円でした。

  • 食費(コンビニ):4,746円
  • 食費(スーパー):28,826円
  • 外食:10,452円

外食はこれまではすべてカフェ代でしたが、職場の人とランチに行く機会が増えたので、外食費が増加しました。

予算をかなりオーバーしてしまいました。

少し意識して節約していきたいところです。

 

2022年の食費をまとめてみます。

2022年食費
1月27,552円
2月31,945円
3月46,750円
4月29,672円
5月30,210円
6月34,503円
7月53,052円
8月39,301円
9月41,170円
10月12,814円
11月44,024円
12月42,330円
平均額36,110円

 

食費予算:35,000円

 

3.日用品費:28,923円(日用品費予算:25,000円)

次は日用品費です。2022年11月の合計額は28,923円でした。

若干ですが予算を上回りました。

  • 日用品:3,526円
  • サプリメント:7,412円
  • 衣料品:4,715円
  • 書籍:4,290円
  • 美容院:4,180円
  • クリーニング:
  • 娯楽費:1,200円
  • くじ・スポーツくじ:3,600円

 

くじは「スポーツくじ」です。一攫千金狙いで開催ごとに購入しています。

1等当たらないかなぁ?

BIG 購入

 

もともと日用品費はその他すべての要素が強い項目です。

大きな買い物をしなければ、目標額に収められそうです。

 

2022年の日用品費をまとめてみます。

2022年日用品費
1月36,757円
2月27,181円
3月75,183円
4月15,161円
5月44,260円
6月30,005円
7月23,089円
8月54,699円
9月20,831円
10月74,347円
11月28,923円
12月34,950円
平均額38,782円

 

日用品費予算:25,000円

 

4.交通費:8,806円(交通費予算:10,000円)

次は交通費です。2022年11月の合計額は8,806円でした。

  • 定期代:8,680円
  • 電車:336円

定期代は固定費に分類することが多いと思いますが、私は交通費にまとめています。

 

2022年の交通費をまとめてみます。

2022年交通費
1月9,751円
2月8,964円
3月9,972円
4月6,604円
5月15,532円
6月1,834円
7月11,011円
8月20,462円
9月826円
10月9,238円
11月8,806円
12月8,431円
平均額9,286円

 

交通費予算:10,000円

 

5.健康・医療費:5,440円(健康・医療費予算:15,000円)

最後は医療費です。2022年11月の合計額は5,440円でした。

  • 医療費:5,440円

健康体でいることは医療費抑制になるので、病気にならないよう生活を整えたいです。そのためにジムに通うことにしました。

入会キャンペーンにより11月の月会費が無料となっているので、翌月からは8,000円弱の負担増となります。

しっかりと健康体になるためにジムに通うので、元を取るという意味でもきちんと通います。

ジムの会員費がかかってくるので、目標金額を5,000円から15,000円に変更いたします。

 

2022年の健康・医療費をまとめてみます。

2022年健康・医療費
1月8,280円
2月3,750円
3月1,520円
4月1,520円
5月2,700円
6月5,210円
7月12,380円
8月380円
9月7,670円
10月12,640円
11月5,440円
12月17,368円
平均額6,572円

 

健康・医療費予算:15,000円

 

2022年11月の生活費の総額は162,517円でした。

2022年11月の生活費の総額は162,517円でした。

 

2022年11月
住宅費75,324円
食費44,024円
日用品費28,923円
交通費8,806円
健康・医療費5,440円
合計162,517円

 

円グラフにするとこんな感じです。

 

月の予算は160,000円と見積もっているので、若干ですが上回ってしまいました。

どこか削れるところがあると思うので、無理のない範囲で節約をしていきます。

毎月の振り返りによって無駄な出費を減らして、節約できたお金を投資に回していきたいです。

これまでの「資産運用」に関するまとめ記事はこちらから

「世界を物書きで!」における「資産運用」に関するまとめ記事はこちらにまとめています。ぜひ読んでいってください。

 

▼「世界を物書きで!」における「資産運用」に関するまとめ記事

世界を物書きで!における「資産運用」に関するまとめ記事
2020年11月から資産運用を始めました。現在は、つみたてNISA、投信積立、上場投資信託(ETF)、そして個別株への投資をおこなっております。資産運用に関する記事をまとめた記事です。

 

投資初心者にはこの本がおすすめです。

 

※当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

 

↓良かったら応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

モリ(@ijumori)でした。

タイトルとURLをコピーしました