伝統と伝承の違いとは。この違いを知ると、地域おこしの仕方が変わる、かも。

みなさん、こんにちは。

ブロガーのijumori(@ijumori)です。

 

伝統と伝承

先日、古舘伊知郎氏がいいことを言っていました。が、あまりはっきり覚えていないので、このことが書かれていたツイートを紹介します。

 

伝承は、昔からあるものをそのまんま引き継ぎ、守っていくこと。

一方、伝統とは、昔から受け継いできたものをその時代にあわせてイノベーションを加え、受け伝えていくこと。

このような違いがあります。

 

例えば、歌舞伎は日本の伝統芸能の一つで、江戸時代の頃からあったと言われています。おそらく、昔からある演目を伝承してきていたとしたら、とっくに歌舞伎は廃れていたんじゃないでしょうか。

しかし、歌舞伎役者や関係者がアレンジを加えて、新しい価値を加え続けてきたことで、今も支持されているのでしょう。

英語で歌舞伎をやった役者さんもいましたよね。伝承していただけでは、こんなアイデアは生まれなかったと思います。

時代に合わせ、常にイノベーションを積み重ねていく。これが、伝統なのです。

 

なぜこのような話をしているかというと、先日、群馬県の地域おこし協力隊の募集説明会に行ってきたんです。

 

地域おこしに必要なことはなんだ?

説明会の中で、自治体の方がうちはこんなところですよ、ぜひ来てください、というプレゼンをするのですが、多くの自治体で、うちには伝統的な○○がありますという話をしていたんですね。

例えば、お祭り。昔からやっているそうで、伝統的な祭りでこの日は賑わうんです、と。

他には、養蚕文化は残さないかん、と。養蚕農家はみんな高齢で、今、養蚕農家を増やさなければ、この文化がなくなってしまうんだそう。でも、熊本では工場で大規模に養蚕業をしているんです。卵を孵して、育てて、繭にする。この1つの工場で、富岡市全体で生産できるシルクの量を超える生産量を生み出すのだそうです。

でも、富岡製糸場が世界遺産に登録されたので、なおさら「富岡でシルクをつくることに意味があるんだ」と富岡市の人はおっしゃっていました。さらには「工場で作られたシルクなんて嫌じゃないですか」と。

養蚕文化を残したいのか、養蚕を広めたいのか、富岡の名を高めたいのかわかりませんでしたが、絶やしてはいかんと。工場のものじゃ嫌だと。

 

この時思ったことは、日本のコメと牛肉のことです。

 

ガラパゴスニッポン-日本のコメと牛肉

日本のコメのブランドっていくつあるかご存知ですか。コシヒカリとかあきたこまちとかそういうのではなく、銘柄のことです。平成27年度の特A受賞品種だけで46銘柄あるそうです。これはコシヒカリなんだけど、トキが暮らす土地で取れた米だから「佐渡産コシヒカリ『朱鷺と暮らす郷』米」と名付けられています。ブランディングというか、差別化というか。そういうものです。コシヒカリなんですけどね。こういうブランド化したいお米がたくさんあるんですね。

しかし今や、東南アジアでの米作技術が上がり、食味に関しては日本で作られるコメとそれほど変わりがないレベルまで来ているようです。しかも日本では年に1度の収穫なのに対し、2期作ができる地域もあり、収量が期待できるということで、その地域のコメの輸出が増えているという話も聞きます。アメリカでも日本米が大規模農業で栽培されているという話も聞きます。

日本の米作は、なんの違いもないのに差別化を図り、狭いパイを奪い合っているのが現状です。

 

次は牛肉についてです。

日本人は霜降り肉が大好きです。僕も好きです。美味しいです。

外国でも和牛は人気で、「WA-GYU」と呼ばれているそうです。国内のブランド牛には、「神戸牛」、「松阪牛」などがあり、それぞれブランドを売り込もうとしています。しかし、実は、海外市場における「WA-GYU」はオーストラリア産が占めているんです。オージー・ビーフではありません。オーストラリア産の「WA-GYU」です。味も質も日本の和牛と対して変わらないそうです。

日本の和牛は「WA-GYU」に負けています。

神戸ビーフだの松阪ビーフだのではなく、「和牛」として世界で勝負すればよかったんですよね。

 

伝統にはイノベーションが必要

話を養蚕に戻します。

富岡市では「富岡シルク」としてブランド化し、売り出しています。東京の多摩地区には7軒の養蚕農家が残っていて、「東京シルク」という名前で生産しています。

日本の養蚕がなくなってしまうんじゃないかという今、富岡だの多摩地区だの言っている場合じゃないんじゃないかと思うんです。

文化として伝承していきたいのであれば、地域おこし協力隊でもなんでもいいので、養蚕農家を増やす活動を地道にしていけばいいと思います。それも必要なことです。そして、地域ごとに競い合うのもいいと思います。

しかし、この養蚕文化を伝統文化としてとらえた時、ここにイノベーションを加える必要が出てきます。

すでに蚕を遺伝子組換えをし、蚕の吐く糸にくもの糸の成分を含ませる研究が行われていたり、蚕に与える桑の葉をラオスで生産したりと、動き出している人はいるんです。

 

まとめ

富岡市の人も、養蚕文化を伝統文化と考えるなら、何か動いていく必要がありそうですね。

 

こんな記事も読まれています

■ 【初心者向け】エックスサーバーへ移転ができたので、やったことをまとめてみる【完全版】

■ ニートやフリーターは急げ!無料でプログラミングを学習できて就職のお世話までしてくれるサービスがあるぞ!

■ 映画「君の名は。」の音楽制作を担当した「深澤恵梨香(Fukasawa Erika)」についてまとめてみた

■ ブログランキング にほんブログ村