伝統と伝承の違いとは。この違いを知ると、地域おこしの仕方が変わる、かも。

シェアする

こんにちは、

いじゅ~もり(@ijumori)です。

先日、古舘伊知郎氏がいいことを言っていました。

が、あまりはっきり覚えていないので、このことが書かれていたツイートを紹介します。

スポンサーリンク




伝承と伝統は違う

伝統と伝承とは似たような言葉ですが少し意味が違うんです。

伝承は、昔からあるものをそのまま引き継ぎ、守っていくこと

一方、伝統とは、昔から受け継いできたものをその時代にあわせてイノベーションを加え、受け伝えていくこと

このような違いがあります。

例えば、歌舞伎は日本の伝統芸能の一つで、江戸時代の頃からあったと言われています。

おそらく、昔からある演目を伝承してきていたとしたら、とっくに歌舞伎は廃れていたのではないでしょうか。

しかし、歌舞伎役者や関係者がアレンジを加えて、新しい価値を加え続けてきたことで、今も支持されているのでしょう。

英語で歌舞伎をやった役者さんもいましたよね。伝承だけでは、こんなアイデアは生まれなかったと思います。

時代に合わせ、常にイノベーションを積み重ねていく。これが、伝統なのです

なぜこのような話をしているかというと、先日、ある地域の方々のお話を聞いてきたのですが、何か違和感を覚えたことを思い出したからです。

地域おこしに必要なことはなんだ?

ある地方の方々が、「うちはこんなところですよ、ぜひ来てください」というプレゼンをするのですが、多くの自治体で、うちには伝統的な○○がありますという話をしていたんですね。

例えば、お祭り。昔からやっているそうで、伝統的な祭りでこの日は賑わうんです、と。

他には、「ウチの地域では昔、養蚕が盛んでした。だから養蚕文化は残さないといかん」と。養蚕農家はみんな高齢で、今、養蚕農家を増やさなければこの文化がなくなってしまうんだそうです。

でも調べてみると、熊本では工場で大規模に養蚕業をしているんです。卵を孵して、育てて、繭にする。その繭から糸を紡ぐ。この1つの工場で、世界遺産にもなった富岡製糸場のある富岡市全体で生産できるシルクの生産量を超えるそうです。

しかし、富岡製糸場が世界遺産に登録されたのでなおさら「富岡でシルクをつくることに意味があるんだ」と富岡市の方はおっしゃっていました。

そう、ある地方の方々というのは群馬県富岡市の方々だったのです。

熊本の工場のことを伝えたところ、「工場で作られたシルクなんて嫌じゃないですか」とにべもない。

はたして養蚕文化を残したいのか、養蚕を広めたいのか、富岡の名を高めたいのかわかりませんでしたが、絶やしてはいかんと。工場のものじゃ嫌だと。

伝統文化を残すことは大切なことだと思います。

しかしその方法は時代が移り変わるうちにカスタマイズされていくことこそが伝統なのではないかと強く思ったものです。

同時にこの時思ったことは、日本のお米と牛肉のことです。

ガラパゴスニッポン-日本のお米と牛肉

日本のお米のブランドっていくつあるかご存知ですか。コシヒカリとかあきたこまちとかそういうのではなく、銘柄のことです。

平成27年度の特A受賞品種だけで46銘柄あるそうです。コシヒカリなんだけど、朱鷺(トキ)が暮らす土地で取れたお米だから「佐渡産コシヒカリ『朱鷺と暮らす郷』米」と名付けられています。

ブランディングというか、差別化というか、そういうものです。コシヒカリなんですけどね。

全国各地でブランド化したいお米がたくさんあるようです。

しかし今や、東南アジアでの米作技術が上がり、食味に関しては日本で作られるお米とそれほど変わりがないレベルまで来ているようです。

しかも日本では年に1度の収穫なのに対し、2期作ができる地域もあり、収量が期待できるということで、その地域のお米の輸出が増えているという話も聞きます。

アメリカでも日本米が大規模農業で栽培されているという話も聞きます。

日本の米作は、大した違いもないのにむりやり差別化を図り、狭いパイを奪い合っているのが現状です。

減反政策や米農家の高齢化、米の消費量の減少など米農家個人ではどうにもならない深刻な問題がたくさんありますが、なおさら今とは違うマーケティングが必要なのではないでしょうか。

同じよう日本の牛肉についても問題があります。

日本人は霜降り肉が大好きです。僕も好きです。おいしいです。

外国でも和牛は人気で、「WA-GYU」と呼ばれているそうです。

国内では、神戸牛や松阪牛、但馬牛などがあり、それぞれブランドとして確立しています。

しかし、海外市場における「WA-GYU」はオーストラリア産が占めているんです。

オージー・ビーフではありません。オーストラリア産の「WA-GYU」です。

味も質も日本の和牛と対して変わらないそうです。

日本の和牛は「WA-GYU」に負けているんです。

神戸ビーフだの松阪ビーフだのではなく、「和牛」として世界で勝負すればよかったんですよね。

お米と同じく、狭いパイで差別化を図ろうとして自らを締め付けている感じさえします。

伝統にはイノベーションが必要

話を養蚕に戻します。

富岡市では「富岡シルク」としてブランド化し、売り出しています。

東京の多摩地区には7軒の養蚕農家が残っていて、「東京シルク」という名前で生産しています。

日本の養蚕がなくなってしまうんじゃないかという今、富岡だの多摩地区だの言っている場合じゃないんじゃないかと思うんです。

文化として伝承していきたいのであれば、地域おこし協力隊でも海外の研修生でもなんでもいいので、養蚕農家を増やす活動を地道にしていけばいいと思います。それも必要なことです。そして、地域ごとに競い合うのもいいと思います。

しかし、この養蚕文化を伝統文化としてとらえた時、ここにイノベーションを加える必要が出てきます。

すでに蚕の遺伝子組換えをし、蚕の吐く糸にくもの糸の成分を含ませる研究が行われていたり、蚕に与える桑の葉をラオスで生産したりと、動き出している人はいるんです。

最後に

富岡市の人も、養蚕文化を伝統文化と考えるなら、考え方の方向転換が必要ですね。

今のままでいいと本気で思っているのでしょうか。

若い方で熱い思いを持っている方もいらっしゃったので、しがらみにとらわれないで頑張って欲しいと素直に思いました。

では、そんな感じでっ!

その他「地域おこし」に関するまとめ記事はこちらからご覧いただけます

スポンサーリンク




シェアする

スポンサーリンク