一本締めと三本締めと三三七拍子の違いとは

みなさん、こんにちは。

ブロガーのijumori(@ijumori)です。

 

お祝い事や宴会の最後に行われる一本締めや三本締め。

これって何か違いがあるのかな?と思い、調べてみました。

 

「手締め」と言う

日本古来の風習で、ものごとが無事に終わったことを祝って行われる手拍子のことで、「手締め」と呼ばれるそうです。

宴会の後に行われることも多く、みんなお酒がまわっていて何回手拍子すればいいのかわからずグダグダになった経験ありませんか?一本締めと聞いて一拍だけ「パン!」とやったらまだ続いて「パパパン・・・」となってあわてて隣とあわせたこともありました。

こういう風習を知っているおとなになりたくて、今回、一本締め、三本締め、三三七拍子について調べました。

 

「一本締め」のやり方

一本締めの基本的なやり方は次のとおりです。

「お手を拝借」

「よーおっ」

パパパン
パパパン
パパパン
パン!

「ありがとうございました」
(拍手)パチパチパチパチ・・・

 

ちなみに、僕が一本締めと勘違いしていた一拍の締め方は「一丁締め」と呼ばれるものでした。

 

「一丁締め」のやり方

一丁締めのやり方は次のとおりです。

「お手を拝借」

「よーおっ」

パン!

「ありがとうございました」

 

一丁締めの終わりには拍手をしないようです。

 

三本締めのやり方

そして、三本締めとは、一本締めを三回、繰り返すものだそうです。

「お手を拝借」

「よーおっ」

パパパン
パパパン
パパパン
パン!

「よっ」

パパパン
パパパン
パパパン
パン!

「それっ」

パパパン
パパパン
パパパン
パン!

「ありがとうございました」
(拍手)パチパチパチパチ・・・

 

合いの手は人によって違うと思いますが、基本的なやり方は上記のような感じです。行事が無事に終わり、協力者に感謝をするという意味合いも含まれているんだそうです。ただの終わりの合図だと思っていましたがちゃんと意味があるようです。

 

三三七拍子とは

たまに、ごくたまにですが、手締めがの拍子がなぜか三三七拍子になっている時があって、変な笑みが出るときがありますが、あれってなんなんでしょう。

三三七拍子とは、

パンパンパン
パンパンパン
パンパンパンパンパンパンパン!

 

という、応援団のリズムでお馴染みのあれです。たぶんみんな違いがよくわからないんでしょうね。僕もわからなかったのでこうして調べましたからね。

これを機に、違いを理解して手締めを行えるようになるといいですね。

では、お手を拝借。いよ~~~~おっ!パン

ありがとうございました。

 

こんな記事も読まれています

■ 【初心者向け】エックスサーバーへ移転ができたので、やったことをまとめてみる【完全版】

■ ニートやフリーターは急げ!無料でプログラミングを学習できて就職のお世話までしてくれるサービスがあるぞ!

■ 映画「君の名は。」の音楽制作を担当した「深澤恵梨香(Fukasawa Erika)」についてまとめてみた

■ ブログランキング にほんブログ村