twitterアナリティクスの見かた・使い方

商品・サービス紹介

いじゅ~もり(@ijumori)です。

 

twitterアナリティクス(Twitter Analytics)をご存知ですか?

アナリティクスとは分析という意味なので、twitterアナリティクスとはtwitterを分析することになります。

存在は知ってるよという人はいるかもしれません。

しかし、分析をして活用している人はそう多くはないのではないでしょうか。

そこで今回は、twitterアナリティクスの見かたや使い方のお話をしていきます。

どうぞ最後までよろしくおねがいします。

twitterアナリティクスとは

twitterアナリティクスとは先ほども少しお話しましたが、twitterを分析するためのツールです。

これはtwitter公式のツールです。

twitterを利用している人ならば誰でも、しかも無料で利用することができます。

ではさっそくtwitterアナリティクスの見かた・使い方を見ていきましょう。

 

twitterアナリティクスはtwitterのどこから見れるのか

PCの場合で説明をしていきます。

twitter画面を開きます。

そして右上の自分のアイコンをクリックします。

するとメニューがプルダウンで表示されますので、その中の「アナリティクス」をクリックします。

 

 

これでtwitterアナリティクスのページへ行くことができます。

 

twitterアナリティクスで分析できるもの

twitterアナリティクスのホーム画面

上の手順でtwitterアナリティクスのページへ行くと、まずは次のようなページが表示されます。

 

 

左上から見ていきますと、

 

 

  • ホーム
  • ツイート
  • オーディエンス
  • イベント
  • 詳細

とタブが分かれています。

その下を見ると、

 

 

「過去28日間でのパフォーマンスの変動」とあり、

  • ツイート
  • ツイートインプレッション
  • プロフィールへのアクセス
  • @ツイート
  • フォロワー

の各数値と増減が比率で表されています。

その下を見てみると、

 

 

月ごとの

  • トップツイート
  • トップの@ツイート
  • トップフォロワー

が表示されます。

また、右にはその月の

  • ツイート
  • ツイートインプレッション
  • プロフィールへのアクセス
  • @ツイート
  • 新しいフォロワー

が数字で表示されています。

 

ホーム画面の各項目の意味

ホーム画面の各項目の意味を説明します。

 

ツイート

自分のツイート数

 

ツイートインプレッション

自分のツイートがユーザーに表示された数

 

プロフィールへのアクセス

自分のプロフィールにアクセスされた数

 

@ツイート

自分宛てのツイートの数

 

フォロワー

フォローされた数

 

ホーム画面で分析できるもの

ではホーム画面からわかることといえば何でしょうか。

一言でいえば、twitterにおいての自分の活動内容がわかります。

まず、過去28日間でのパフォーマンスの変動において、ツイートした数が多かったのか少なかったのかがわかりますし、ツイートしたものがどれだけの人に表示されたのかもひと目でわかります。

また、プロフィールへのアクセス数が多いと、多くの人があなたへ興味を持ってくれているということが推察できます。

またフォロワー数も増減がわかるので、フォロワーを増やしたい人にとってはこの数値は大切な指標となるでしょう。

月ごとの概要欄においては、自分のツイートで一番表示されたツイートがわかります。

また、その月のツイート数や新しいフォロワー数など月単位での数値が表示されるので、定点観測として利用できます。

 

twitterアナリティクスのツイート画面

 

ホームの隣のツイートをクリックすると、次のようなページに移動します。

 

 

このページでは、各ツイートごとに

  • インプレッション
  • エンゲージメント
  • エンゲージメント率

がわかります。

 

 

また、28日間の日ごとのインプレッション数とエンゲージメント数がグラフで表示されます。

 

各項目の意味

インプレッション

そのツイートがユーザーに表示された数

 

エンゲージメント

リンクのクリック数、いいねの数、リツイート数、ツイート詳細のクリック数、プロフィールのクリック数の合計

 

エンゲージメント率

インプレッションに対してどれだけエンゲージメントがあったのかの割合のこと

たとえばインプレッション数が100に対してエンゲージメント数が5だった場合のエンゲージメント率は5%ということになります。

エンゲージメント率が高いツイートほどバズる確率は高まるでしょう

 

ツイート画面で分析できるもの

 

ツイートごとに

  • インプレッション
  • エンゲージメント
  • エンゲージメント率

がわかるので、反応率を計測することができます。

投稿する内容や時間帯を変えて、エンゲージメントがどう変わるのか試してみるのもいいでしょうね。

twitterアナリティクスを分析して今後やりたいこと

上で紹介したこと以外にもフォロワーの年代や性別の割合がわかったりします。

ではtwitterアナリティクスは何のために使うのか。

それは人によってさまざまですが、私の場合で言うと、エンゲージメント率を高めていきたいと考えています。

ツイートからブログ記事へ誘導したり、プロフィールページを見てもらったり。

twitterとブログをうまくつなげていきたいと思ってます。

そのためにも、これまでよりももう少し多めにつぶやいたり、有益な情報をつぶやいたりする頻度を上げていきたいと思います。

 

最後に

twitterアナリティクス。

とても有益なツールです。

このツールを使って分析をし、改善する

PDCAを回すことが大切です。

そのためにもtwitterアナリティクスの活用をおすすめします。

楽しいtwitterライフを。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

いじゅ~もり(@ijumori)でした。