林業就業支援講習で取れる資格は、刈払機・チェーンソー・小型車両系建設機械(3t未満)

生き方・働き方

いじゅ~もり(@ijumori)です。

 

林業就業支援講習に参加してきました。

この講習にて、刈払機免許、チェーンソー免許資、小型車両系建設機械(3t未満)免許を取得できました。

これらの資格は、林業や造園などの作業をおこなう企業において作業をする場合に必要になる資格です。

この林業就業支援講習とはどんなものなのかお話していきます。

では、いってみよー!

 

林業就業支援講習とは

林業就業支援講習は、厚生労働省委託事業として全国森林組合連合会(林業労働力確保支援全国センター)が各都道府県にて実施するものです。

 

林業への就職を希望する原則45歳未満の方を対象に、基本知識、林業体験、職場見学を行うとともに、個別の就職・生活相談を実施することで、林業に就職するために必要な知識や資格を身につけ、林業への円滑な就職を支援します。
引用:林業就業支援講習|林業に就職・転職したい方の応援サイト「林業就業支援ナビ」

 

林業就業支援講習に参加してきました。

この講習では、座学と実技、そして林業関係施設の見学等を行い、最終日には林業等進路相談がありました。

座学では、林業の基礎知識、安全衛生講習、刈払機資格講習、チェーンソー資格講習、小型車両系建設機械(3t未満)資格講習など。

 

実技では、刈払機、チェーンソー、小型車両系建設機械の操作や運転などをおこないます。

この15日間の講習が修了すると、チェーンソー、刈払機の取扱および小型車両系建設機械の資格が付与されます。

林業の仕事を始める前にチェーンソーや刈払機の取扱資格がもらえるのは非常にありがたいですね。

この講習は無料で受けられますので、気になった人は各都道府県の日程よりご確認の上、申し込みしてみてはいかがでしょうか。

木を切ったり重機に乗って作業することができ、林業の仕事の一端を知ることができるので、気になる方は参加するのをおすすめします。

 

 

参加してどうだったか

なにより、志をともにする仲間ができたことが一番の収穫でした。同士と言えるでしょう。

参加者みんなから刺激をもらうことができました。

そして、より強く林業の道に進みたいと思うようになりました。

参加者みんなが林業の道に進むとは限りませんが、今回の15日間をともに過ごしてきた絆は今後もずっと続いていきます。

 

ぼくは、林業家になります。

そう決意させてくれたみんなに感謝します。ありがとう。