知らない素人は損しているなあと思うBluetoothキーボード。

商品・サービス紹介

いじゅ~もり(@ijumori)です。

 

新しいノマドスタイルとして、BUFFALOの折りたたみキーボードを購入しました。

ノートPCは重いしかさばるのでKindle FireとBluetoothのキーボードで仕事できないかと考えた結果です。

ちなみにKindle Fireはすでに持っています。

キーボードの購入の決め手は、折りたためるので持ち運びの際にかさばらないということ、そして、Bluetooth対応ということです。

実際に作業している画像です。

 

Kindle Fireの画面の大きさは、必要に応じて画面を横向きにしたりすれば、あまり気になりません。

文章を書くのであれば、この組み合わせで十分に感じます。

Bluetoothキーボードの使用感

まず、とにかくコンパクトです。横も縦もコンパクト。場所を取らないのがいいですね。

しかし、普段使っているノートパソコンのキーボードよりも反応が悪い気がします。

特にEnterキーが絶妙な強さで押さないと反応してくれません。

強くもなく弱くもなく、なんとも絶妙な力加減が必要です。そうでないと無反応です。これにはコツを掴む必要がありそうです。

それと、キーボードの幅が関係しているのでしょうか、慣れないのか、打ち間違いがハンパないです。

これは個人的な問題でしょうか、キーボードの感応性の問題でしょうか。

かなりの頻度で打ち間違いが発生します。

これはストレス。

さらに、へんなところに「っ」が入ってしまいます。

なんででしょう。

ただの個人的なタイピングスキルの問題だとしたら、バッファローさん文句を言ってすいません。

ブロガーにはこれで十分な装備かもしれない

この組み合わせは、文章を書くにはこれで十分ですが、ここに画像編集が加わってくると、少々難儀な気がします。

実際に、この記事の画像編集は家のノートPCで行いました。

もしかしたらKindle Fireを使い込んでいければできるかもしれませんのでそれは今後の課題とします。

最後に

これでWi-Fiが使えるところならどこでも記事が書けるぞ〜!

やったぜ!

あなたもこんなノマド装備いかがですか?

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

いじゅ~もり(@ijumori)でした。

関連記事:こちらも読まれています
関連記事:こちらも読まれています
商品・サービス紹介
世界を物書きで!-SEKAMONO-