WordPressに不具合が。ダウングレードする方法を紹介するよ

キーボード,PC,WordPress日々のあれこれ

いじゅ~もり(@ijumori)です。

 

WordPressのバージョンが「5.0」にアップグレードされました。

ちょ、エディター変わりすぎ

とか思っていたら、「Classic Editor」というプラグインを入れれば以前のエディターに戻せるよ、という情報があったのでプラグインをインストールしました。

しかし同じ日にTwitterでクロネさん(@kuroneblog)がこうつぶやいていました。

 

これを読んだときにはすでに自動でアップグレード完了済みでした。

そしてプラグインを入れたおかげで、以前と同じエディターでブログを書けるようになっていたので、あまり気にしていませんでした。

そしたら、なんと、今日になってブログ画面が開けなくなっているではありませんか。

正確にいうと、ブログの管理画面は開けます。記事の投稿もできます。

ですが肝心のブログのサイト画面が表示されずに真っ白に。

 

エラーの表示もなく、ただただ真っ白。

 

え?なにこれ?やばくない?アップグレードのせい?

 

いくら最読み込みしても真っ白のまま。

これはやばいと思い、すぐにダウングレードをすることに決めたのです。

ダウングレードをしても真っ白のままだったらどうしようと不安な気持ちを抱えながら。

 

今回は、WordPressのダウングレードの方法についてお話します。

WordPressのダウングレードに必要なもの

WordPressのダウングレードに必要なものは、

  • 古いバージョンのWordPress
  • FTPソフト

です。

古いバージョンのWordPressファイルは、

WordPressバージョン一覧

からあなたの使いたいバージョンをダウンロードしてください。

「4.9.9」か「4.9.8」がいいと思います。

 

WordPressのダウングレードの方法

WordPressのバックアップをとる

まずはバックアップをとりましょう。

今回お伝えする方法でうまくいかなかった場合の備えになります。

バックアップの方法は、別途検索をしてください。

 

ダウンロードしたファイルを展開する

次に先ほどダウンロードしたファイルを展開します。

展開をするとWordPressフォルダができます。

フォルダの中の「wp-content」を削除します。

もし「wp-config.php」や「.htaccess」があった場合には、この2つも削除します。

 

FTPソフトでアップロード

次にFTPソフトを使って、WordPressフォルダの中身をサーバーにアップロードして上書きをします。

FTPソフトの使いかたについては別途検索をしてください。

有名なFTPソフトには「FileZilla」や「FFFTP」があります。

 

データベースの更新

次はWordPressの管理画面を開きます。

「データベースの更新が必要です」と表示されている場合には、「WordPressデータベースを更新」をクリックします。

「更新完了」が表示されれば、WordPressのダウングレードは完了です。

 

メジャーアップグレードの場合は注意が必要

WordPressのバージョンが「4.**」から「5.**」へアップグレードされました。

今回のように先頭の数字が変わるときは慎重にならなければなりません。

なぜならば必ずといっていいほど不具合が発生するからです。

必ずといったら大げさかと思われるかもしれませんが、不具合は必ず起きます。

日々、小さな不具合が発生し、それを修正する。

この繰り返しによってわたしたちはWordPressを利用できているのです。

WordPressのバージョンが「5.0」から「5.0.1」になったときには何かしらの修正がなされています。

先頭の数字が変わらない場合は最新版に更新してもいいと思います。

ですが今回のように先頭の数字が変わる場合、技術的なことに詳しくないときは、しばらく更新しないほうが安心して使えるでしょう。

いつ最新版に更新すればいいかというと、、、それは、、、わかりません。

バージョン「5.1」になったらかなぁ?もっと早くてもいいかなぁ?うーん、やっぱりわかりません

今だ!というときに最新版に更新してください。

 

最後に

今回はWordPressのダウングレードの方法についてお話しました。

あまりダウングレードをする機会はないと思いますが、今回のわたしのようにサイトが表示されなくなったというような人のお役に立てれば幸いです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

いじゅ~もり(@ijumori)でした。

関連記事:こちらも読まれています
関連記事:こちらも読まれています
日々のあれこれ
世界を物書きで!-SEKAMONO-