Play.Goose YouTube LIVE #2 についての内容と感想【新曲発表とライブもやるってよ】

Play.Goose日々のあれこれ

2018年12月22日にPlay.GooseのYouTube LIVE #2がおこなわれた。

19時頃からスタートということで19時前からスタンバイしていたが、ライブ配信が始まったのが19時3分頃からだったか。

実際にメンバーが登場したのが19時10分頃からだったか。

Goose house時代から配信時間通りに始まることはなかったので、チャット欄でも「安定の遅刻」というコメントがあった。

音楽業界に疎いのでわからないのだが、定刻どおりに始まらないのは業界の慣例なのだろうか。

とりあえず遅れて始まった。

Play.Goose YouTube LIVE #2 参加メンバー

Play.Gooseコアメンバー

  • 工藤秀平(くどう しゅうへい)
  • マナミ
  • 沙夜香(さやか)
  • ワタナベシュウヘイ

ゲストメンバー

  • 竹渕慶(たけぶち けい)
  • 竹澤汀(たけざわ みぎわ)
  • 木村正英(きむら まさひで)

 

Play.Goose YouTube LIVE #2 セットリスト

Play.GooseのYouTube LIVE #2 セットリスト

  1. 「赤鼻のトナカイ」
  2. 「オトノナルホウヘ→」
  3. 新曲「Play this song」
  4. 竹澤汀「yesterdays」
  5. 竹渕慶「ドロシー」
  6. K.K.「スーパーマン」
  7. 「運命」
  8. 「スパークル サビVer.」
  9. 「HOYメドレー」
  10. En「Play.Goose song」

 

Goose houseのこと、Play.Gooseのこと

新曲披露の前に各メンバーから一言あった。

その中で工藤さんから、

  • 「Goose」は正式に引き継いだ
  • 「Goose house脱退」という言葉はあえて言わずに、これからも進んでいきたい
  • いろいろと言いたいことはあるが、いまは言えない
  • 近いうちにちゃんと真実を説明をする
  • 信じてほしい

とコメントがあった。

 

根拠もなく何を信じろというのだろうか

 

つまり工藤さんの発言から

  • Goose houseを脱退しPlay.Gooseができた

ということがわかった。

これが工藤さんから発せられた真実。

その他のコアメンバーも皆、近いうちに真実を話すので信じてほしいとのことを強調していた。

 

では、Goose houseを脱退していない齊藤ジョニーさんはどうなるのか。

齊藤ジョニーさんはツイートする際に、Goose house公式ハッシュタグである「#goose7」をつけてツイートしている。

今後どうなるのだろうか。

 

あわせて読みたい
Goose Houseが事実上の解散へ!齊藤ジョニー以外のメンバーがハウスから巣立ちPlay.Goose結成へ

 

HOYについて

Twitterで、とあるGooseファンが呼びかけた「HOY2018」投票企画。

ライブ配信中に工藤さんがこのことに触れた。

とてもうれしかったとのこと。

そしてこのことをきっかけに、今回の配信の最後にHOYメドレーを披露することになったという。

コレは素直にうれしい。

発案者もGooseのメンバーに届いたらいいなと言っていたので、思いが届いたということだ。

よかったよかった。

 

あわせて読みたい
HOY2018が発表!?Goose houseファンがTwitterで今年のHOYの投票を呼びかける企画が愛で満ちあふれていて泣ける

 

と思ったら、歴代のHOYメドレーだそう。

ずっこけた。

 

HOYメドレーセットリスト

  • 今夜はブギー・バック
  • 手をたたけ
  • おしゃかしゃま
  • ソラニン
  • おジャ魔女カーニバル
  • 年下の男の子
  • 決意の朝に
  • lemon
  • ひまわりの約束
  • 明日があるさ

 

破天荒キャラ木村さんのおかげで配信中にジョニーとd-iZeの名前が出る

木村さんはPlay.Gooseの前身の前身であるPlayYou.Houseの初期メンバーである。

そしてかなり前に脱退している。

だからGoose houseにあまりしがらみがないのか、ライブ配信中に齊藤ジョニーさんやd-iZeさんの名前を叫んだ。

今回の配信でもGoose houseとジョニーさんのことについてまったく触れていないのだが、木村さんだけが名前やTwitterのことに触れてくれた。

 

【告知1】Play.Gooseライブやるよ!

Play.Gooseライブを3月に東京と大阪でおこなうとのこと。

メンバーは少なくとも、

  • 工藤秀平
  • マナミ
  • 沙夜香
  • ワタナベシュウヘイ
  • 竹渕慶
  • 竹澤汀
  • 木村正英

は参加するとのこと。

 

【告知2】Play.Goose新曲「Play this song」は1月1日から1か月間無料ダウンロードができるよ!

Play.Gooseの新曲「Play this song」が1月1日から1ヶ月間、無料でダウンロードができるとのこと。

オフィシャルHPから著作権フリーでダウンロードができる。

Play.Gooseのコンセプトである「世界一音楽を楽しむ場所」というメッセージを込めた曲だということなので、気になる人はHPからダウンロードしてみてはどうだろう。

 

特設ページはこちら
Play this song

 

最後に

アンコール曲が終わったあと、工藤さんが堰を切ったように涙を流した。

Goose houseからPlay.Gooseができる過程で何かがあったことは確実だが、新曲のリリースやライブツアーが決定し、それを配信で伝えることができてホッとしたのだろう。

かなりの重圧があったことは工藤さんの様子からうかがうことができた

今回のライブ配信を通して、Play.Gooseのいう「世界一音楽を楽しむ場所」というメッセージは伝わっただろうか。

古参のファンとしてはまだもやもやが残る内容であったが、Play.Gooseとしてやっていくという決意が表明されたライブ配信のようにも思えた。

また、随時情報を追っていこうと思う。

 

【追記2019.01.17】Play.Goose #3 YouTube Liveが2019年1月31日19時頃~配信決定

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

モリ(@ijumori)でした。

タイトルとURLをコピーしました