豆腐が教えてくれたこと

シェアする

みなさん、こんにちは。

ijumori(@ijumori)です。

やってわかること、やらないとわからないことは多々あるもので、ぼくもつい最近わかったことがあったのでその話をしようと思います。

スポンサーリンク




おいしい豆腐を見つけた

ブロガーや意識高い系の人がよく口にするこの言葉。

やらないで後悔するより、やって後悔した方が良い

もっともらしいことを言っておりますが、ヤフー知恵袋では、

どっちみち後悔するんなら、両方ダメだと思う。

とバッサリと斬られておりました。

こういうのは字面で判断してはいけないもので、よく言えばことわざのようなもの、難しく言うと禅問答のようなものであって、これそのものに答えはありません。

私やあなたがどう解釈をするのかが大切になってくるものです。

ここで自分の解釈を述べるつもりはありません。

なぜなら、ぼくは豆腐の話がしたいからです。

おいしい豆腐を見つけた話しをしよう

ではなぜ冒頭で禅問答のような意識の高そうな文章を持ってきたのかという話になってきます。

ぼくは新しいものやことに恐怖心を抱くことが多く、予定調和を好む傾向にあります。

いつもの道、いつもの場所、いつものモノ、いつもの味、いつもの・・・。

こだわりが強いと言えばかっこいいですね。

でも、いつもと違うことがちょっと怖いんです。

そのため、よく行く場所はいつも同じところ。よく食べる外食もいつも同じチェーン店のお店。洗剤などもよほどのことがない限り別の銘柄に変えることはありません。

いつも通りが安心するんです。

だから豆腐もいつも同じ豆腐を買って食べていました。

しかもイオンで一番安い豆腐。

豆腐ごときにお金をかけてられないと。

ちなみにイオンでの買い物は「イオンカード(WAON一体型)がお得ですよ。

先日、豆腐の定義にガイドラインが設けられることが話題になりました。

豆腐と一口に言っても作り方や原材料によって違いがあるそうなんです。

そこで豆腐業界では、大豆の固形分量や成分や加工方法によって「とうふ」「調整とうふ」「加工とうふ」と表示を分けようとしています。

このことを知ったぼくは、「もしかしたらぼくが食べていた豆腐は豆腐じゃないのかもしれない」と禅問答のようなことを思うようになったのです。

これまではイオンの一番安い豆腐(のようなもの)を豆腐だと思って食べてきました。

これが普通の豆腐だと思って。

いつもの豆腐が豆腐じゃないかもと思うといてもたってもいられず、いつもと違う豆腐を買いに走るぼくがいました。

あれだけいつもと違うことを怖がるぼくが、いつも食べている豆腐が豆腐じゃないかもしれないということのほうが怖くなったのです。

豆腐売り場では、いつもの豆腐が豆腐ヅラしてならんでいます。

でもこいつらは豆腐じゃないかもしれない。豆腐のようなもの。

ふと横に目をやると、実はたくさんの豆腐がならんでいることに気がつきました。

しかし、この中にも豆腐ヅラした奴らがいる。

慎重に豆腐を選びます。

ぼく:「君は豆腐かい?」

のようなもの:「そうだよ」

いかにもな奴らは避けたいのですが、豆腐たちはみな同じようなツラをしているので、高いものから3つ選んで買うことにしました。

結果的に、この3つのうち1つがとてもおいしい豆腐でした。

そしてこの豆腐がぼくのこれからの「いつもの」豆腐になることでしょう。

「何事も経験すべき」

何事も経験すべき」という言葉があります。

やってみて初めてわかることがあるんだよという意味だと思うのですが、いつもとは違う豆腐を食べることで、おいしい豆腐に出会うことができました。

まさに何事も経験すべきとはこのことなのでしょう。

そしてもう1つわかったこともあります。

それは、高い豆腐が必ずしもおいしいとは限らないということ。

今回3種類の豆腐を食べ比べてみましたが、1番おいしかった豆腐はこの中で1番安い豆腐でした。

高けりゃいいってもんでもないということがわかったのも、「いつも」とは違うことをしたからわかったわけです。

新しいことにチャレンジすると何か新しい発見がある、ということをぼくは豆腐で経験することになったのでした。

最後に

ぼくは「凡事徹底」という言葉が好きで、当たり前のことを当たり前にするという意味の言葉なのですが、どうもぼくはこの言葉を矮小化していたようです。

「守破離」という言葉があるように、当たり前のことを当たり前にできるようになったら次は少しアレンジを加えて、最後はオリジナルなことができるようになることが人の成長というものなのかもしれません。

そう考えると、いつものことをいつも通りにしているだけでは何も変わらないのかもしれません。

今回豆腐からたくさんのことを学べたような気がします。

たまにはいつもとは違うことに挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク




シェアする

スポンサーリンク