小中高校生のプログラミング教育必修化に向けて、中高生向けプログラミングスクール「TechAcademyジュニア」が開校

プログラミング

いじゅもり(@ijumori)です。

 

今日は、子供向けのプログラミング教室についてお話したいと思います。

2020年度から小学校で、論理的な思考力を育てる「プログラミング教育」が必修化されます。

また、中学校では2021年度から、高校では2022年度から簡単なプログラミングなどを教わる授業が必修化されます。

このブログでも何度かプログラミングのお話をしてきましたが、大抵は、プログラミング学習って大変よねっていう話でした。

関連記事▶▶▶読み・書き・プログラミングの時代が。TechAcademyで未経験者も!

 

プログラミング学習は挫折する人も多いのですが、やはりこれからの時代はプログラミングができる人が有利になる社会になっていきます。

単純にプログラミングができるから重宝されるというのではなく、「プログラミング脳」といって、プログラミングを通じて論理思考力や表現力が高まるため、問題解決スキルが身につけられるようになるということがいちばん大きな理由です。

子どもにプログラミングは必要か

語学や音楽を始めるのは早ければ早いほうがよいと言われているように、プログラミングも子どものうちから身につけさせようという考える人が増えてきています。

2020年には小学校で必修授業になることが決定しています。

これには賛否あるようですが、僕は賛成です。

コードをバリバリ書くことを目的にするのではなく、論理思考力や表現力が高まるため、問題解決スキルが身につけられるようになるということを目的にすれば、社会に出てからの働き方について自分で考え、自分で選択する力が身につくのではないかと思っているからです。

学校教育ではもうすぐ導入されますが、民間では子供向けのスクールがすでにいくつか開校しています。

 

中高生向けプログラミングスクール「TechAcademyジュニア」が開校!

すでにプログラミングやアプリ開発を学べるオンラインスクールを展開している TechAcademy [テックアカデミー] が、中高生に向けたWebサービスやスマートフォンアプリを自分で開発できるようになるオンラインスクールが開校しています。

TechAcademy ジュニアの特長は、

 

1.実際の開発現場で培った高い技術と経験から多くを現役のプロから学ぶことができます

2.週2回マンツーマンでのメンタリング、毎日のチャットサポート、回数無制限の課題レビューが受けられます

3.インターネット環境とパソコンがあれば、いつどこからでも受講することができます

4.カリキュラムに満足できない場合は、受講開始から10日間は全額返金されます

 

現役のプロから学ぶことができて、マンツーマンでの指導やチャットによるサポート、そしてレビューを回数無制限で受けられるとは至れり尽くせりですね。

満足できない場合は、ちゃんと返金制度もあって、安心して始められそうですね。

 

そして開校時に提供されるコースは、

 

●Webアプリケーションコース

●iPhoneアプリコース

●Androidアプリコース

 

の3コースです。

 

料金(税別)は、

 

●4週間プランが79,000円

●8週間プランが109,000円

●12週間プランが139,000円

 

となっています。

募集期間があり、開始と終了時期が決まっているので、応募するか迷っている人は一度無料相談に行くのがいいと思います。

気になる中高生のあなた、もしくはお子さんがいるあなた、一度検討してみてはいかがでしょうか。何でも早めにスタートするのが成功への近道だと思いますよ。

詳しくは公式ホームページ確認してください
公式HP▶▶▶中高生向けオンラインプログラミング教室 | TechAcademyジュニア

大人向けのプログラミングスクールもあるよ

プログラミング学習をしたい大人のあなたへは、通常コースをおすすめいたします。

無料体験ができるので、ぜひ自分の環境や生活習慣の中で学習ができるか試してみてください。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

いじゅ~もり(@ijumori)でした。