「スタディサプリで学力上位層の割合、平均点が向上」という記事を読んで、地域おこし協力隊の公営塾でも取り入れるべきと強く思うようになった

 

学習環境が整いすぎて、既存の学習塾は戦々恐々としているのではないのでしょうか。

教育に携わっていたブロガーのijumori(@ijumori)です。

 

リクルートの「スタディサプリ」が効果を上げているってさ

リクルートが出しているスタディサプリを小中学生に利用させたところ、テストの平均点が上がる効果があったという発表がありました。

リクルートマーケティングパートナーズは4月28日、同社のオンライン学習サービス「スタディサプリ」を使い、渋谷区が小中学校で実施した実証実験で、学力上位層の比率が増加する、テストの平均点が向上するなどの効果が見られたと発表した。

 

同社とNTTドコモと渋谷区教育委員会は、2016年5月から、渋谷区立代々木山谷小学校の5年生を対象に、タブレット端末を活用した「新たな学び」共同実証を実施。ここでは、家庭学習や朝学習に「スタディサプリ」を使い、学習意欲と学力の向上について調査した。

 

また、同社単独の実証実験として、2016年11月から、渋谷区立鉢山中学校の2年生に対して、到達度テストを実施。学び直し教材として「スタディサプリ」を活用した。

 

代々木山谷小学校では、「スタディサプリ」導入前と比べ、導入後は、学力上位層の比率が計39%向上。さらに、学力向上とスタディサプリの利用量で特に学力下位層での相関性がみられた。また、生徒アンケートの結果、学習意欲については、5割以上の生徒が「勉強が楽しくなった」、「勉強にやる気が出た」と回答している。

 

2017年5月2日「スタディサプリ」で学力上位層の割合、平均点が向上、渋谷区が実験より引用

 

この実証実験の結果の興味深いところは、「学力上位層の比率が増加」した点です。

つまり中間層の学力を押し上げることができたということです。

 

 

学校教育の現状

 

学校教育の難しいところは、学力の差が大きい生徒たちをひとまとめに教えなければならないところにあります。

できる子に合わせると、ついてこれない子が多くなります。そのため、中間層に合わせて授業をすすめることになります。

すると、できる子は学校の授業では物足りなくなるので学習塾に通ってどんどん先の学習へ進んでいきます。

できない子は中間層に合わせた授業も理解できないので取り残されていきます。すると、保護者は焦って個別指導塾など、できない子を多く受け入れている学習塾へ通わせます。

中学生になって分数がわからない子とかザラにいますので、そこから教えていかなければいけないので、学校の授業内容なんかは教えることができないのがほとんどです。

しかし、学校ではテストがあるので、保護者は学校の授業がわかるようにしてほしいという。

希望に答えないと他の塾へ行ってしまうので対応するが、結局理解はできない。ジレンマに陥ります。

中間層にいる子は学校の授業で満足するので、保護者が塾へ入れさせないかぎりはそのままなことが多い。

そうするとできる子と中間層の子とできない子の差はますます拡がります。

授業によっては学力レベル別のクラス分けをしている学校もあるようですが、保護者から

 

クレーマー
うちの子の頭が悪いですって!?

 

とクレームが入ったりして、取り入れる学校もそこまで増えていないようです。

中学校までは学力差がある生徒がひとまとめで授業を受けているのが現状です。

 

スタディサプリは希望の光となった

 

渋谷区の実証実験の結果からわかることは、中間層の学力を押し上げたことです。これはとても素晴らしい結果です。

さらに、5割以上の生徒が「勉強が楽しくなった」、「勉強にやる気が出た」と回答していることから、学習意欲の向上も期待できます。

子どもにかぎらず、楽しいと思ったことは自分から進んでもっとやりたいと思います。

スタディサプリはもっと勉強をやりたいと思わせることができたということですね。すごい。

 

地域おこし協力隊は、公営塾を開いてスタディサプリを導入した学習環境を提供しよう

スタディサプリは月額980円で使い放題というサービスです。ネットが繋がる環境であれば、いつでもどこでも学習ができます。

PC、スマホ、タブレットなど、たくさんのデバイスで見ることができます。

そのため、地域おこし協力隊は、ネット環境を用意して、タブレットを揃えて場所が確保できれば、公営塾として地域の学力向上に貢献してみませんか?

スタディサプリは各生徒の家庭で登録してもらい、別途場所代として月1~2,000円程度を徴収すれば、少額ながらも報酬の足しになるのではないでしょうか。

完全ボランティアにすると、隊員のやる気も上がりませんし、生徒や保護者も本気で取り組まない可能性があります。

スタディサプリに登録をすれば家でもできますが、他の子ども達と一緒に勉強することでやる気や向上心が芽生えて子どもにとってもいい学習環境になると思うので、そういう場所をつくって提供できるよう取り組んでみてください。

 

まとめ

スタディサプリのようなスマホやタブレットでどこでも学習できる環境が揃ったということは、学習難民が減るってことです。

これはとてもいいことです。しかし懸念点もあります。

みながやれば全体的に学力は上がっていきますが、当然やる子とやらない子がいるわけです。

そうすると、学力差がますます広がるのではないかということです。

今回の渋谷区の実証実験では学校単位でみなに学習環境を与えたので、全体的な学力アップに繋がりました。

しかし、そうでない場合、やる子は学力が向上し、やらない子はそのまま。

せっかくこのような便利なツールがあるので、地域おこし協力隊は勝手に学力特区をつくって地域の子どもの学力を爆上げさせてしまいましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

■ 【初心者向け】エックスサーバーへ移転ができたので、やったことをまとめてみる【完全版】

■ ニートやフリーターは急げ!無料でプログラミングを学習できて就職のお世話までしてくれるサービスがあるぞ!

■ 映画「君の名は。」の音楽制作を担当した「深澤恵梨香(Fukasawa Erika)」についてまとめてみた

■ ブログランキング にほんブログ村