運動しないで痩せられるとうわさのソイプロテインを試してみた

シェアする

みなさん、こんにちは。

いじゅもり(@ijumori)です。

スポンサーリンク




体重増加が止まらない

学生時代運動していたので、ガッチリとした体格は維持していますが、そこに一周り肉をまとっているような体型になってきました。体重も学生時代から実に20kg増!です。笑えません。

夏前には脱いでもかっこいいカラダを目指して減量していたのですが、この暑さで運動も減り、アイスの消費量は反比例し、体重が徐々に増えてきました。これはやばい。

まとめサイトで取り上げられていた

そんな時、まとめサイトで、運動しないでもプロテイン飲めば痩せられると聞き、すぐにポチりました。

プロテインにはいくつか種類があって、その中でもウェイトダウン目的にはソイプロテインがいいんだとか。

hpc_savas_weightdown_01

ソイプロテインとは

ソイ=大豆のこと。

hpc_savas_weightdown_03

減量のためには大豆プロテイン
プロテインには「大豆プロテイン」「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」といくつか種類があります。その中でも、減量時に摂りたいプロテインが「大豆プロテイン」です。
大豆プロテインは栄養価が高く、カラダに必要な20種類のアミノ酸のうち、体内でつくることのできない9種類の必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。
また、血中コレステロール値や中性脂肪の低下に関係しており、基礎代謝の活性化と燃焼のサポートが期待できます。
カラダを動かしてムダな脂肪を削ぎ落とし、筋肉をキープした引き締まったボディをつくりあげる。そんな減量と深い関係があるのが大豆プロテインです。
内側から働きかけ、運動と合わせて摂取することで、筋肉を維持・向上をはかりながら目指すカラダづくりをサポートします。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00IEA57F6/ref=oh_aui_detailpage_o03_s00?ie=UTF8&psc=1

大豆製品は体にいいって有名ですよね。豆腐に納豆、豆乳なんかは美肌に効くとか。

味はおいしい

裏面の作り方には、水300mlにソイプロテイン21gを溶かして飲むとありますので、そのとおりにつくって飲んでみました。ヨーグルトの味についてはよくわかりませんでしたが、まずくはなくてすんなり飲むことができました。牛乳に変えたり、バナナやオレンジを混ぜてもおいしく飲めるようなので、これも試してみました。

うちは牛乳ではなく豆乳を飲んでいるので、豆乳300mlとバナナ1本、ソイプロテイン21gを混ぜて飲んでみると、こ、これはうまいではないか!とうまさに感動しました。続けるには味も大事だと思うので、この組み合わせで飲んでいこうと思います。

そして、プロテインはパウダー状なので、よく混ぜて飲むことになるのですが、ソイプロテインは溶けにくいという問題があるんだそうです。事前リサーチでそれがわかりましたので、こんなものも買ってみました。

ブレンダーはもともと欲しかったので買えて良かったです。プロテインはというと、だまにもならずすっかり溶かすことができます。簡単でいいですねー。それとトマトジュースも作りました。トマト100%のジュースを簡単に作ることができます。こんなに便利ならもっと早く買えばよかった。

効果はこれから

まだ飲み始めということもあり、まだ効果という効果は見られませんが、継続してどういった変化が出るか随時報告していきます。目指せ細マッチョ!では!

スポンサーリンク




シェアする

スポンサーリンク