【深澤恵梨香】「君の名は。」や「もりのおんがくかい」(けものフレンズ×東京フィルハーモニー交響楽団)の音楽制作を担当した「深澤恵梨香(Fukasawa Erika)」についてまとめてみた

シェアする

みなさん、こんにちは。

ブロガーのijumori(@ijumori)です。

「君の名は。」を見ただろうか。

そう。

深澤恵梨香さんとは、この映画の音楽制作に参加されている、最近、活躍が目覚ましい若手音楽家なのです。

スポンサーリンク

深澤恵梨香とは

若き音楽家、深澤恵梨香さんは一体どんな人物なのでしょうか。

深澤恵梨香とは

深澤 恵梨香(Fukasawa Erika) 作曲 / 編曲 / 指揮

1989年生まれ。東京都出身。日本作編曲家協会(JCAA)会員。
3歳からピアノを始める。

作曲家を志し、作曲を川崎絵都夫氏、フランス和声を國越健司氏に師事。
劇伴作曲家になるべく、 東京音楽大学作曲指揮専攻(映画放送音楽コース)に入学。作曲を三枝成彰、千住明、服部克久、小六禮次郎、堀井勝美の各氏に師事。

2013年には、自身のバンド「ERIKA FUKASAWA ORCHESTRA」を結成。
小池修(sax)、竹野昌邦(sax)、木幡光邦(tp)、岡崎好朗(tb)ら、日本を代表するそうそうたるメンバーが多数参加。
2015年にはモーションブルーヨコハマにてライブ「Spring Special Concert EFO plays “FUSION”」を開催し、好評を博した。

2016年3月5日に公開された「ドラえもん 新・のび太の日本誕生」では一部オーケストレーション等担当。
ゲーム音楽交響楽団「JAGMO」では編曲家、音楽監督を務める。ストーリーの見える編曲を意識している。自身もゲーマー。多彩なオーケストレーションが持ち味

現在は、ゲーム音楽の提供、映画、CM、演劇の楽曲制作や、ビッグバンドへの楽曲提供、ライブサポート、レコーディング等で活躍中。TBSソロ・ヴォーカリスト・コンペ ティション番組「Sing!Sing!Sing!」では編曲家として参加。TBS「Sound inn “S”音楽のじかん」では編曲家、指揮者として参加し、スキマスイッチと共演。

その他、多彩なオーケストレーションを持ち味とし、アーティストさんの編曲や、映画、ドラマ等でオーケストレーションを担当する事も多い。大編成×生楽器を得意としている。

指揮者としても自身のバンドの他、大阪城ホールで行われた「XIA THE BEST BALLARD SPRING TOUR CONCERT IN JAPAN」などで参加する、など幅広く活動している。

譜面は全て演奏家に向けた「あて書き」であり、各々の演奏家の”声”の生きた楽曲の制作をモットーとしている。

活動履歴

2013年、自身のバンド「ERIKA FUKASAWA ORCHESTRA」を結成。

2015年、モーションブルーヨコハマにてライブ「Spring Special Concert EFO plays “FUSION”」を開催。

2015年7月、文京シビックホールにて行われた「JAGMO」の「伝説の交響組曲「伝説の交響組曲 LEGENDARY SYMPHONIC SUITE」に編曲家、音楽監督として携わっています。

2016年10月23日(日)NHK音楽祭2016
「シンフォニック・ゲーマーズ―僕らを駆り立てる冒険の調べ―」

など数多くの作品に編曲や音楽監督として関わっています。

他にこんなCMの音楽の編曲に携わっているようです。

それが、カロリーメイトのチョコレート味のCM。

編曲者の名前は普通出ないので、誰が作ったかなんて気にも掛けませんが、こういった作品も手がけているんですね。

おもしろい。

また、2017年7月30日(日)に@東京オペラシティ コンサートホールにて開催された、けものフレンズ×東京フィルハーモニー交響楽団「もりのおんがくかい」の音楽監督、編曲を担当しました。

これからますます活躍されることでしょうね。

深澤恵梨香さんから目が離せない!

スポンサーリンク