キャリア・アンカーで自己診断!「あなたはどうありたいのか」を考えてみよう!

シェアする

みなさん、こんにちは。

いじゅもり(@ijumori)です。

今回は、「キャリア・アンカー」についてご紹介します。

長期的なキャリアを考える時の大切な考え方です。

これを使って自分で自己を見つめなおすきっかけにしてみましょう。

スポンサーリンク




「キャリア・アンカー」とは

「キャリア・アンカー」とは、アメリカの心理学者エドガー・H・シャインが提唱する概念であり、個人がどうしても犠牲にしたくない本当の自分を象徴する3つの要素である「コンピタンス(成果を生み出す能力)」、「動機(何がやりたいか)」、および「価値観(何に価値を感じるか)」を複合的に組み合わせた自分の軸となるもののことをいいます。

また、一度軸が形成するとその後は変化しにくく、生涯にわたってその人の重要な意思決定に影響を与え続けるとされています。

「キャリア・アンカー」の8つのカテゴリー

「キャリア・アンカー」は以下の8つのカテゴリーに分けることができます。

  1. 専門・職能別能力
  2. 経営管理能力
  3. 自律・独立
  4. 保障・安定
  5. 起業家的創造性
  6. 奉仕・社会貢献
  7. 純粋な挑戦
  8. 生活様式

この8つのカテゴリーの中で、自分に当てはまるものが、あなたが何を最も大切にして仕事に取り組むのかを示してくれるアンカー(錨)の役割をしてくれるのです。

それでは、8つのカテゴリーをかんたんに解説します。

その後で、あなたがどのカテゴリーに当てはまるのか実際にテストをしてみましょう。

1.専門・職能別能力

ある特定の専門分野・職能分野に関する能力です。このカテゴリーに当てはまる人がどうしても諦めたくないと思っているものは、その領域において自分の技能を応用し、技能を常に高いレベルに向上し続ける機会です。また、仕事で専門領域について挑戦し続けることができるとき、もっとも喜びを感じます。

2.経営管理能力

このカテゴリーに当てはまる人がどうしても諦めたくないと思っているものは、組織の中で高い地位につき、部門を超えて人々の努力を統合し、担当ユニットの成果に責任をもつことのできる機会です。また、人のマネジメントが究極の目標であり、組織をリードすることやマネジメント能力を伸ばしていくことに喜びを感じます。

3.自律・独立

このカテゴリーに当てはまる人がどうしても諦めたくないと思っているものは、自分の仕事を自分なりに定義することのできる機会です。目標を明確にしたうえで、方法を任せてもらうように自ら働きかけることでモチベーションを高められます。

4.保障・安定

このカテゴリーに当てはまる人がどうしても諦めたくないと思っているものは、雇用の安定であり、職務や組織での勤続です。やりたい仕事の種類や自由に仕事のできる裁量を与えられることよりも、将来を見通せる安定性の方を大切にします。

5.起業家的創造性

このカテゴリーに当てはまる人がどうしても諦めたくないと思っているものは、リスクテイクし障害を乗り越えていく自分の意欲と、自己の能力だけに頼って組織や企業を創造する機会です。また、自分自身で意思決定し、行動できる存在となることに喜びを感じます。

6.奉仕・社会貢献

このカテゴリーに当てはまる人がどうしても諦めたくないと思っているものは、例えば、世界をより良くすること、環境問題を解決すること、人々に調和をもたらすこと、誰かを助けること、安全性を向上させること、新製品を通じて病気を治すことなどといった、何か価値あるものを実現できる仕事をする機会です。また、金銭的な報酬よりも精神的なやりがいに喜びを感じます。

7.純粋な挑戦

このカテゴリーに当てはまる人がどうしても諦めたくないと思っているものは、解決不可能と思われる問題を解決すること、強敵に打ち勝つこと、困難な障害を乗り越えることなどに取り組む機会です。また、人生を競争や挑戦の場として考え、自分を試し、困難を克服することにやりがいを感じます。

8.生活様式

このカテゴリーに当てはまる人がどうしても諦めたくないと思っているものは、自分個人のニーズ、家族のニーズ、キャリアからの要請にバランスを取り、それらを統合できることです。自分のライフスタイルを重視し、プライベートと仕事を両立させたいと考えており、自分のライフスタイルが充実できるなら仕事にも邁進することができます。

以上8つのカテゴリーにわかれます。

どれが良くてどれが悪いということはありません。なぜならキャリア・アンカーとは、あなたが何を最も大切にして仕事に取り組むのか、その「コンピタンス」、「動機」、および「価値観」を突き詰めたものだからです。

「何をしたいか」よりも「どういう風にしたいか」という、あなたが最も何を大切にして仕事に取り組むのかを示しているものなのです。

それではあなたがどのカテゴリーに当てはまるのか、テストしてみましょう。


あなたのキャリア・アンカーは

キャリア・アンカーは動機や価値観を突き詰めるとあなたがどのように仕事に向き合いたいのかがわかってきます

しかし、動機や価値観というのは得てして無意識化にあるものです。

なので、テストの前に、自己分析をしてみましょう。

自己分析とキャリア・アンカーの結果が同じなのか、違いが出るのか。ちょっとやってみましょう。

  1. まず、自分に当てはまっていると思うアンカーに順位をつけます。
  2. 1位から3位までのアンカーのキャリアワードを選びます。
  3. キャリア・アンカーのテストをします。
  4. テスト結果のアンカーと1で選んだアンカーを比べます。

やり方は以上の4つの工程です。ではやっていきましょう。

1.アンカーに順位をつけます。

  • 専門・職能別能力
  • 経営管理能力
  • 自律・独立
  • 保障・安定
  • 起業家的創造性
  • 奉仕・社会貢献
  • 純粋な挑戦
  • 生活様式

1位から8位まで、自分に当てはまっているものから順に順位をつけてみましょう。

2.キャリアワードを選びます。

次は、1で選んだ1位から3位までのキーワードの中で、自分にあっていると思うキャリアワードを選びます。いくつでもかまいません。

下のPDFファイルに各キーワードが書かれています。ダウンロードして使ってください。

career.pdf

3.キャリア・アンカーのテストをします。

次は、キャリア志向質問票にある40の質問にできるだけ正直に答えてください。

答え方は、それぞれの質問に対して、

1点・・・まったく当てはまらない
2点・・・たまに当てはまる
3点・・・たいてい当てはまる
4点・・・いつも当てはまる

と点数をつけます。あまり時間を書けて考えずに、2,3秒でどんどん答えてください。その方が、無意識下の自分が結果に現れてきます。

下のPDFファイルに各質問項目が書かれています。ダウンロードして使ってください

career-orientations-inventory.pdf

全部の項目について点数を付け終わったら、高得点の中からさらにこだわりの高い5つを選んでください。選んだ5つにそれぞれ5点を加えてください。

次は、①の列、②の列というように縦で合計点を出してください。

点数の高いものがあなたのキャリア・アンカーです。

4.テスト結果のアンカーと1で選んだアンカーを比べます。

いかがだったでしょうか。

はじめに8つのアンカーに順位をつけましたが、テスト結果と比べるとどうでしょうか。


キャリア・アンカーの本質とは

上記のテストでは、あなたの本当の価値観が見えてきます。では、キャリア・アンカーの本質とはいったい何でしょうか。

それは、「あなたがどんな生き方をしたいのか、どんな働き方をしたいのか」、それをあなた自身が知ることにあります。

人は人生の中で大きな節目がいくつかあります。例えば、結婚や離婚、女性であれば出産など。その後の子育て中にも幾つかの節目があるでしょう。転職や退職など、キャリアを考える上で、重大な決断をすることが出てきます。

そんな時に、キャリア・アンカーがあなたの決断の後押しをしてくれるものになってくれるはずです。

まとめ

「あなたがどんな生き方をしたいのか」

「どんな働き方をしたいのか」

そして「あなたはどうありたいか」

これらを考えるきっかけとして、ぜひこの機会にキャリア・アンカーを活かしてみてください。

スポンサーリンク




シェアする

スポンサーリンク