フリーランスやスタートアップ企業は名刺に全力を注げ!

シェアする

みなさん、こんにちは。

ブロガーのijumori(@ijumori)です。

社会人なら誰でも持っているであろう名刺。

会社員であれば、会社から支給されている名刺を使用していると思います。

普通の会社だと常識の範囲内のちゃんとした名刺が一般的だと思います。

こんな感じの、とか。

とかく、白地に文字、プラスアルファで会社のロゴが含まれているのが多いのでは。なんか、これは、つまらなくないですか。

スポンサーリンク

名刺とは

名刺とは、そもそも何なのでしょうか。ウィキによると、

名刺(めいし、中: 名片、米: Calling Card、英: Visiting Card、Business Cardの表記も)は、本人が自らの名前と所属・連絡先等を示すために他人に渡すことを目的としたカードである。

と、書かれています。「私はこういう者ですよ」と伝えるためのものだそう。でも、「ああ、そうですか。(ポイッ)」っとできないので、大体は名刺入れにストックされると思います。

名刺のサイズはいわゆる黄金比である。日本の標準サイズは91ミリ×55ミリ。欧米の標準サイズは3.5インチ×2インチ(89ミリ×51ミリ)。

サイズは日本の名刺のほうが若干大きいのですね。しかも、黄金比なんですって。知りませんでした。

名刺の目的って

名刺は自分で持っているだけでは全く意味がありませんよね。相手に渡してこそ利用価値がうまれるものです。「私はこういう者です。こういう仕事ができます。だから仕事ください」と相手に示すために使うもの。基本的にはこういうものですよね。

営業の人なんかはどれくらいの名刺を配ったかわからないくらいばらまいていたり、じゃまになるくらいもらっているんじゃないですか?でも、ストックされた数ある名刺を見返した時に、「あ、この名刺の人、あの人だ!」と思い出してもらえるでしょうか。

もし、フリーランスやスタートアップ企業に所属していたら、まず、特徴のある名刺をつくってみてはいかがでしょうか。

特徴のある名刺をつくるには

似顔絵やイラストを入れるとインパクト大!

僕のおすすめは、顔写真を入れることです。そうすれば、「あ、この人か!」とわかってもらいやすいですし、個人ブランディングにつながっていくと思います。でも、イケメンじゃないし写真はちょっとなーという場合は、イラストでもインパクトを残せますよ。

こんな感じとか。

だいぶインパクトありますね。これいいんじゃないですか。

このサービスを提供しているのは、 似顔絵データ.com というサイトです。

値段もお手頃ではないでしょうか。似顔絵にすることによって「忘れられない人」になりましょう。これ、いいですよ。

ロゴも大事な要素です

もう一つ力を入れたいところは、「ロゴ」でしょうか。個人の、そして会社のロゴは似顔絵と同様にあなたをあらわす大事なポイントです。フリーソフトを使えば自作することもできますが、プロに頼むのが安心ではないでしょうか。

例えば、ロゴマークデザインの『LOGO市』というサービス。

6,000社以上という数多くのロゴデザインをされているようです。

「デザインが気に入らなければ料金はいただきません」ですって。

試しに頼んでみるのもいいんじゃないでしょうか。

クラウドソーシングを利用するのがいいかも

ランサーズなどのクラウドソーシングサービスを使っていいかもしれないですね。

ランサーズ
クラウドソーシングを利用して仕事をしているフリーのエンジニアさんもたくさんいるので、こういったサービスを使うのもいいですね。

チャネルはたくさんあるにこしたことはない、ですよ。

まとめ

自己アピール、会社の宣伝につながる「名刺」。

顔写真や似顔絵、ロゴなどに凝って、少しでも特徴のあるものをつくってみましょう。それが次の仕事へつながってくると思います。

いい感じの名刺ができたら見せてください。

こんな記事も読まれています

■ 【初心者向け】エックスサーバーへ移転ができたので、やったことをまとめてみる【完全版】

■ ニートやフリーターは急げ!無料でプログラミングを学習できて就職のお世話までしてくれるサービスがあるぞ!

■ 映画「君の名は。」の音楽制作を担当した「深澤恵梨香(Fukasawa Erika)」についてまとめてみた

スポンサーリンク