僕の使っているバッファローのBluetooth Keyboard(ブルートゥースキーボード)を紹介します。おすすめですよ。

シェアする

みなさん、こんにちは。

いじゅもり(@ijumori)です。

今日は、ぼくが使っているブルートゥースキーボードを紹介します。

スポンサーリンク




ブルートゥースキーボードってすごい

僕の使っているブルートゥースキーボードは、これなんですけどね、

これが、非常に便利で使いやすいんです。だから皆さんにも使って欲しくて今日は取り上げてみました。

おすすめのポイントは、2つ。

1.なんといってもブルートゥース接続なところ。

じゃまになる配線は一切なし。ボタンポチーっとすれば、繋がっちゃいます。

2.2つ目のおすすめポイントは、コンパクトなところ。

このキーボードは、なんと折りたたみ式なんです。

折りたたみ式がすごい

折りたたんだ状態だと、ボールペンほどの幅しかありません。

これは非常にコンパクトで持ち運びがしやすいです。

そして、これはケースになっていて、開いてみると、

こんな感じでケースの中から折りたたまれた状態のキーボードが取り出せます。

そして、キーボードを開くと、

こうなります。近くで見てみると、

こんな感じ。

ノートPCのキーボードとの違い

次は、今使っているノートPCのキーボードと比較してみます。

手前の青枠で囲ってあるところが、ブルートゥースキーボードで、その奥にあるのがノートPCのキーボードです。

ちょっと見づらくなってしまいました

比べてみると、ボタンの幅や位置が若干違っていますね。

このブルートゥースキーボードを使うと打ち間違いが多いのですが、この微妙な違いが原因かもしれません。

しかし使い慣れているキーボードとの違いにはじめは戸惑いますが、それを上回るほどの使い勝手の良さがこのブルートゥースキーボードにはあると思います。

僕は Kindle Fire と組み合わせて使っていますが、iPadとの組み合わせで使うのもありだと思いますよ。

ぜひブルートゥースキーボードを使ってみてくださいね。

スポンサーリンク




シェアする

スポンサーリンク