地方の空き家はairbnb(エアビーアンドビー)でWin-Winを目指せ

みなさん、こんにちは。

ブロガーのijumori(@ijumori)です。

 

airbnb(エアビーアンドビー)ってまだ下火になってないよね

日本でも始まっている airbnb(エアビーアンドビー) 

すでにうまくやっている人も現れているようで、やってみたい副業の上位に入ってきています。

また、空室に悩む不動産オーナーが利用していて、airbnb(エアビーアンドビー)専門の営業部隊を持つ不動産業者も出てきています。

僕も不動産を持っていたらぜひやってみたいです。

 

地方の空き家問題が深刻

地方で挙げられる問題の一つに、「空き家」問題があります。

空き家問題といっても二つの側面があって、一つは文字通り、誰も住む人がいなくなって、空き家になる問題。

もう一つは、移住したい人が家を探すのに、地方であればあるほど空き家の情報が乏しくて、家探しが困難だという問題です。

空き家バンクというものもありますが、情報の精度や情報量が少なすぎるなど、あまり機能していないのが現状です。僕が思うに、本気でやろうと思えば空き家バンクというサービスを充実させることはできるはずなんです。

自治体は情報を出して、民間やNPO、地域おこし協力隊の人たちが情報をまとめ、発信していく。

これでうまく行くと思うんです。

おそらく「個人情報がー」ということで情報がなかなか出せないんでしょうね。

しかし、地方にとって空き家は負債だという意識を強めないと、地域の衰退が進むだけだと思います。

何にせよ情報を発信する量が少ないのが地方の課題ですね。

 

空き家はairbnb(エアビーアンドビー)で貸し出そう

前置きが長くなりましたが、空き家バンクなりそういった情報を集約して発信することと並行して、その空き家をairbnb(エアビーアンドビー)で貸し出せないでしょうか。

目的は二つあります。

一つ目は、ホテルや旅館がない場所でも旅行者や観光客に宿を提供できるということ。

こうすることで、どんなところでもお客さんを呼べて観光地化することができます。

二つ目は移住希望者にお試し移住をしてもらうことです。

一週間から一ヶ月程度、安い金額で泊まってもらって、地域のことを知ってもらう期間にしてもらうのです。

一、二泊ではその地域のことがわかるはずがないので、ある程度まとまった期間をその地域で過ごしてもらえるように、airbnb(エアビーアンドビー)を利用してみるという考えはどうでしょうか。

どなたかぜひやってみてください。

 

 

こんな記事も読まれています

■ 【初心者向け】エックスサーバーへ移転ができたので、やったことをまとめてみる【完全版】

■ ニートやフリーターは急げ!無料でプログラミングを学習できて就職のお世話までしてくれるサービスがあるぞ!

■ 映画「君の名は。」の音楽制作を担当した「深澤恵梨香(Fukasawa Erika)」についてまとめてみた

■ ブログランキング にほんブログ村