逃げの美学とは

シェアする

みなさん、こんにちは。

ブロガーのijumori(@ijumori)です。

逃げること

どんなイメージがありますか?あまり良いイメージがない人が多いのではないでしょうか。

逃げるのは心が弱いからだ。そんなことをいう心が強い人が大勢います。でも僕はそんなに心が強くない。だから今回。逃げることを選択しました。

まぁ、嫌なことから逃げるだけなのかもしれませんが、心がすり減ってまでここに居続けるよりはいいと判断したのです。

一度逃げると癖になる。そんなことを言う人もいます。たしかに僕もそうかもしれません。逃げ癖。悪い癖です。

人が定着しない理由が何となくわかっていて、それを改善しようと試みていましたが、僕にはできませんでした。白目をむきながら続けることはできたかもしれませんが、それでは私自身、灰になってしまうようでもう続けられなく感じました。人のせい、環境のせいにしてしまっていますね。そんなとこも自分の悪い癖です。

とはいえ、すり減っていく一方だといづれ自分自身が破綻してまうので、一度距離を置きたかったんです。だから逃げるんです。この判断があっているか間違っているかわかりませんがそう決めたんです。

じゃあ、逃げるとして、ここからどうするのか。何をするのかが大事になってくると思います。

その戦略は、これから立てる予定です。

逃げの美学。ここにあり。となればいいな。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

■ 【初心者向け】エックスサーバーへ移転ができたので、やったことをまとめてみる【完全版】

■ ニートやフリーターは急げ!無料でプログラミングを学習できて就職のお世話までしてくれるサービスがあるぞ!

■ 映画「君の名は。」の音楽制作を担当した「深澤恵梨香(Fukasawa Erika)」についてまとめてみた

■ ブログランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク