AbemaTVをテレビにつないで流していると作業用BGMとしてまったく役に立たない3つの理由。

シェアする

みなさん、こんにちは。

ブロガーのijumori(@ijumori)です。

AbemaTVの致命的な欠点を見つけてしまいましたので、今日はそのお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

AbemaTVをテレビにつないで流していると作業用BGMとしてまったく役に立たない3つの理由。

AbemaTVを作業用BGMとしてテレビにつなぎながら作業をしていたときに気付きました。

ぼく
AbemaTV流してると、作業効率がハンパなく落ちるな

これは重大な欠点としか思えませんでした。

なぜそんなことが起きるのかを考えたところ、3つの理由があったことがわかりました。

理由その1.面白い番組が多いこと

まずはこの画像を見てください。AbemaTVのチャンネルが全て載っています。

まず、チャンネルの多さに驚きますよね。これが全部無料で見られるんです。

生放送のニュースをはじめ、オリジナル番組、ドラマ、音楽、スポーツ、アニメ、将棋や麻雀まで多彩なジャンルの番組がそろっています。

これらの番組が無料で見られるんです。しかもどれもおもしろい。

ぼくはよく格闘技をテレビに流しながら作業したりするんですが、実況や解説、会場の盛り上がりなどに気を取られてしばしばテレビに釘付けになってしまいます。気がつけば1時間とか。

ぼく
AbemaTVは作業効率を落とす

釣りのチャンネルもおもしろい。川釣り、海釣り、バス釣り、なんかでっかい魚の釣りなど釣りといってもたくさんの番組があります。

1つの釣り番組が1時間位なので、飽きずにずっと見ていられます。気がつくと3時間とか。

ぼく
AbemaTVは作業効率を落とす

AbemaTVは作業用BGMとして役に立たないことがわかってもらえるでしょうか。

理由その2.PUSH通知で見たい番組を知らせてくれること

AbemaTVには番組表があります。

縦にスクロールすると時間、横にスクロールするとチャンネルの移動ができます。

そして、番組名の横にある時計のようなストップウォッチのようなボタンがありますが、ここをタップすると視聴予約ができるんです。

タップすると、グレーだったのがグリーンに。

こうして視聴予約をしておくと、開始の10分くらい前でしょうか。PUSH通知が来ます。

ぼく
視聴予約は便利だな

でもPUSH通知が作業中に来たらどうなるか。

AbemaTV見てなかったとしても通知来たらとりあえずテレビにつなぎますよね。

そうすると、気づけば見入っちゃってるよね。

ぼく
AbemaTVは作業効率を落とす

AbemaTVは作業用BGMとして役に立たないことがわかってもらえるでしょうか。

理由その3.いろんなデバイスで見れること

AbemaTVはいろんなデバイスで見ることができるんです。

スマホ・タブレットならAbemaTVのアプリをダウンロードすれば登録不要ですぐに見られるし、PCならサイトからすぐに見ることができます。

ぼくはスマホのアプリで視聴予約をしておいて、通知が来たらアプリを開くことが多いです。

しかもテレビにつないで大きな画面で流しながら見ることがほとんどです。

たまにタブレットで見ることもあります。そんなときはだいたいちょっと休憩しようとベッドに横になって見ることが多いかな。

スマホやタブレットやPCなど、いろんなデバイスで簡単に見ることができてしまうため、AbemaTVがあるとついつい集中力が散漫になってしまいます。

ぼく
AbemaTVは作業効率を落とす

AbemaTVは作業用BGMとして役に立たないことがわかってもらえたでしょうか。

まとめ

AbemaTVはおもしろいコンテンツが豊富で、視聴予約ができて、PUSH通知で番組の開始を教えてくれて、いろんなデバイスで見られることがわかりました。

そしてそのことが作業用BGMとしてまったく役に立たない理由なのだということもわかりました。

AbemaTVを作業用BGMとして利用しようと思ってたあなた!気をつけてください。びっくりするくらい作業が進まないですよ。

AbemaTVを見るときはグーグルの「Chromecast(クロームキャスト)」やアマゾンの「Fire TV Stick」を使ってテレビにつなぐとより便利になりますよ。

こんな記事も読まれています

■ 【初心者向け】エックスサーバーへ移転ができたので、やったことをまとめてみる【完全版】

■ ニートやフリーターは急げ!無料でプログラミングを学習できて就職のお世話までしてくれるサービスがあるぞ!

■ 映画「君の名は。」の音楽制作を担当した「深澤恵梨香(Fukasawa Erika)」についてまとめてみた

■ ブログランキング にほんブログ村

スポンサーリンク